更新:2018.1.24 作成:2018.1.24

ズパゲッティで簡単♪おしゃれキャンドルホルダーカバーの作り方

今回は、編み物初心者さんに大人気の素材、Tシャツヤーン「ズパゲッティ」でカンタンに出来る、オシャレ小物を作っていきます。練習しながら何か作りたい。そんな初心者さんにもやさしい作品です。こちらは「基本の編み方」の説明付き。余り糸がある時などに作っても楽しいですよ♪
❤︎ お気に入り
目次
  1. 【材料・道具】
  2. 基本の編み方について
  3. ①1段目を編む
  4. ②2段目を編む
  5. ③糸の処理をする
  6. ④完成です☆
  7. ポイント

【材料・道具】

材料

  • ズパゲッティ(2メートル程度あればOK)お好みで
  • キャンドルホルダー(グラスでもOK。安全上、口が広くなっているものがおススメ)

道具

  • かぎ針(8mm。糸の太さにあわせて。)
  • はさみ

基本の編み方について

ズパゲッティ作品を作るときに必要な『基本の編み方』があります。

「くさり編みってどうやるの?」
「かぎ針を入れる場所が分からない!」

そんな初心者さんも気軽にトライできるよう、
まずは「基本の編み方」についてご紹介します。

この作り方に載っている「基本の編み方」は、
下のリンクに詳しい説明があるので、そちらを参考にして下さいね♪

時々使う【  】で書かれた編み方については、
すぐに参照できるよう、リンクを一緒に載せてあります。

初心者さんもこちらを参考に、気軽に作ってみて下さいね♪

①1段目を編む

まず「鎖編み」をします。

底の周囲の長さに合わせて、鎖編みをしていきます。

1色で仕上げたい場合

こちらは1色のまま編んでいく方法です。カンタンなので初心者さんにおススメ♪

【引き抜き編みで鎖編みを輪に】したら、くさりの数だけ「細編み」で最後の目まで編んでいきます。この後は、爪楊枝のある目に引き抜き編みをします。

※細編みは、「裏山を拾う」「鎖半目をひろう」どちらでもOK。

②2段目を編む

引き抜き編みが終わった後です。この後は「立ち上がり」を編み、細編みをして、好みの高さまで編んでいきます。

※今回は3段編んでいます。

段ごとに色を変えたい場合

1段目の最後の目を編んだら、【引き抜き編みの前に糸を変え】ます。このようにすると、次の段から新しい糸で編むことができ、見た目もきれいに仕上がります。これを段ごとに行います。この後は「立ち上がり」を編み、同様に細編みをします。

「立ち上がり」を編んだら「細編み」をします。短い糸は、一緒に編みこんでしまうのがおすすめ。

2段目を編み終わり、3色めの糸にさらに変え、「立ち上がり」を編んだところです。

最後の目を編んだら「引き抜き編み」をし、先端を5㎝ほど残してカットします。

※1色で編んだ場合も、同様です。

③糸の処理をする

最後は糸を引き抜きます。

内側から隣の目にかぎ針を入れ、糸を引き抜きます。

糸を輪の状態で残したら、さらに隣の鎖目の下にかぎ針をいれ、糸を引き抜きます。

輪に糸の先端を通し、引き締めます。

裏の編み目に通し、余分な糸はカットします。

④完成です☆

ズパゲッティの短い糸を使って、おしゃれなキャンドルホルダーカバーが完成しました。基本の編み方だけなのに、何色か組み合わせることでまた違った表情に。色の組み合わせ方や、糸の素材感などで、インテリアに合わせて作るのも素敵です。こちらは基本の細編みで作ってますが、初心者さんは編みやすい、鎖半目をひろう「筋編み」で編むと、より簡単に編めますよ♪

ポイント

今回のポイントは「くさり編みを輪にする」「引き抜き編みで糸を変える」です。どちらも基本の編み方ですが、知っていると作品作りの幅が広がり、編み物をさらに愉しむことが出来ます。
こちらの作品は、細編みの練習にも最適です。初心者さんは、1色でまず作ってみるといいですよ♪あっという間に完成するので、ぜひ作ってみて下さいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使うアクセサリー作りが好きです。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!