更新:2018.1.24 作成:2018.1.16

ズパゲッティの基本「細(こま)編みの編み方」

今回は、ズパゲッティの基本の編み方「細(こま)編み」について説明していきます。こちらはバッグ作りにもよく出てくる編み方で、円く編んでいく時などにも使います。是非マスターして、いろいろな作品に応用してみましょう♪
❤︎ お気に入り
目次
  1. 細編みとは
  2. 基本の細編み「裏山をひろう細編み」
  3. 「鎖半目をひろう細編み」
  4. 基本の細編み「円編みの場合」
  5. 応用A 細編みで”編み付ける”
  6. 応用B 細編みで”編みくるむ”
  7. ポイント

細編みとは

バッグの本体や小物など、いろいろな作品で使われる「細編み」。

ズパゲッティ作品によく出てくる「細編み」は、基本的には同じですが、
大きく分けると2種類あります。

①「くさり編みを土台として編む細編み」
②「まるく編むときに、輪を土台として編む細編み」

さらに細かく分けると、

①については「編み始め」が3種類あり、作品別に使い分けをします。

A「裏山をひろう細編み」→強度あり。バッグの底面など、本体によく使われる。
B「鎖半目をひろう細編み」→強度弱め。編み目が伸びやすいが、編みやすい。初心者向き。
C「鎖半目を拾ったあと、裏山をさらにひろう細編み」→3つのなかで強度は一番。

難易度は低い順から、B→A→C になります。

②については、工程は同じですが

A「作り目の場合」→輪をくぐらせながら編む
B「作り目の後に編む場合」→編み目にかぎ針を入れて編む

等の違いがあります。

ここでは、作品作りにおいて、
比較的よく使われるものについて、紹介していきます。

なお、基本的には同じですが、応用して使う編み方をまとめた記事があります。
リンクを載せてあるので、是非そちらも参考にして下さいね♪

基本の細編み「裏山をひろう細編み」

こちらは、バッグ本体によく出てくる編み方です。編み目をしっかりと仕上げたい作品向き。楕円形のバッグの底などによく使われます。裏山の場所さえ分かれば、後はカンタン!一番多く出てくる編み方なので、初心者さんも是非トライしてみて下さいね♪

「鎖編み」で5目編んだところです。細編みをするために「立ち上がり」の鎖目(爪楊枝のある目)を編んでおきます。

鎖編みを裏返しにすると、山のように糸が盛り上がった部分(竹串のささった部分)があります。この糸が「裏山」になります。ここにかぎ針を入れて編んでいきます。

※ピンクの印のある爪楊枝のある輪は立ち上がりの鎖目になります。

裏山にかぎ針を入れます。

かぎ針に糸をかけ、爪楊枝のある輪(=裏山)を引き抜きます。

かぎ針に2本糸が通った状態になりました。

さらにかぎ針に糸をかけ、2本の輪を一度に引き抜きます。

裏山を拾う方法で、細編みが1目編めました。

続けて編むとこのようになります。


※比較すると、目がよりしっかり編めています。ふちに鎖編みの編み目がきれいに残るので、編み目を活かした作品等にもいいですね♪

「鎖半目をひろう細編み」

こちらは、小物作りなどにも使われる編み方です。かぎ針を入れやすく、初心者さん向き。比較すると編み目が伸びやすいので、カバーなど編み目の伸びが気にならない作品にも向いています。「半目を拾う細編み」は、2段目以降の細編みの段を編んだ後に行うと、「筋編み」という編み方と同じ状態になります。※「筋編み」は、バッグの底面と側面の境界線を作りたいときに使います。

「鎖編み」で5目編んだところです。細編みをするために「立ち上がり」の鎖目(爪楊枝のある目)を編んでおきます。

竹串のある5目めにかぎ針を入れて編んでいきます。

※「鎖半目を拾う」→「鎖目の向こう側1本の糸をかぎ針にかけて」という意味。

※ピンクの爪楊枝のある目は「立ち上がり」の鎖目になります。

5目めにかぎ針を入れます。

※爪楊枝のある目は「立ち上がり」の鎖目です。

かぎ針に糸をかけ、爪楊枝のあるかぎ針にかかった輪(=鎖半目)を引き抜きます。

かぎ針に2本輪が通った状態になりました。

かぎ針に糸をかけ、2本の輪を一度に引き抜きます。

鎖半目を拾う方法で、細編みが1目編めました。

続けて編むとこのようになります。裏山を拾う編み始めと比較すると、目がゆるめの印象です。伸びやすいので、特徴を活かした作品に向いています。


2段目を編むときは

最後まで編んだら、「立ち上がり」の鎖目を編みます。

※こちらは裏山を拾う方法で編んだものです。

今度は裏面が表になるよう本体を返し、爪楊枝のある鎖目の下にかぎ針を入れ、編み始めます。これを繰り返していきます。

一周して編むときは

細編みの最後の目(赤い印のある目)と同じ目に何回か細編みをして増し目をし、カーブを描くように編みます。反対側に来たら、裏のくさり目を拾いながら、編んでいきます。

基本の細編み「円編みの場合」

こちらは、バッグの丸底、コースターなどを編むときに使います。ここでは、作り目の後に編む細編みについて説明していきます。かぎ針を入れる場所など確認しながら、トライしてみて下さいね♪

引き抜き編みをし、立ち上がりの鎖目を編んだ後に行います。まず、竹串のある目にかぎ針を入れ、細編みをしていきます。

※茶色の爪楊枝→立ち上がりの鎖目です。

かぎ針を入れます。

かぎ針に糸をかけ、爪楊枝のある鎖2本を引き抜きます。

かぎ針に2本輪が通りました。

その状態でさらにかぎ針に糸をかけ、一度に引き抜きます。

円編みで編む場合の、細編みの1目めが編めました。

※茶色の爪楊枝→細編み1目め
ピンクの爪楊枝→立ち上がりの鎖目

※こちらは「円編み」としてまとめた記事があるので、参考にして下さいね♪

応用A 細編みで”編み付ける”

応用B 細編みで”編みくるむ”

ポイント

ズパゲッティ作品に欠かせない「細編み」。

ポイントは、「編み目にかぎ針を入れ糸をかけ引き抜いたら、かぎ針に2本輪が通った状態で糸をかけ、一度に引き抜く」です。

この細編みの要領で「円編みの作り目」「編みくるむ」「編み付ける」などを行います。

かぎ針でザクザク編め、初心者さんにもやさしい編み方なので、
是非覚えて、お気に入りの作品を作ってくださいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使うアクセサリー作りが好きです。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!