WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ズパゲッティの基本「鎖(くさり)編みの編み方」

今回は、ズパゲッティの基本の編み方「鎖編み」について説明していきます。こちらは、細(こま)編みなどの土台や、バッグの持ち手部分など、多くの場面で出てくる編み方です。この編み方だけで、アクセサリーなども作れるので、初心者さんも是非トライしてみて下さいね♪ #編み方 #ズパゲッティ

2018.1.24

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.1.24 / 作成:2018.1.16

鎖(くさり)編みとは

ズパゲッティ作品で、必ずと言っていいほど出てくる「鎖(くさり)編み」。

こちらは、かぎ針編みの基本でもあり、
ズパゲッティ作品によく出てくる「細(こま)編み」等の土台(作り目)にもなります。

くさり編みで作るブレスレットなど、一つの編み方だけでハンドメイドを楽しめます。

一番カンタンな編み方なので、初心者さんも是非トライしてみて下さいね♪

基本

結び目を作ります。

かぎ針に糸をかけます。

引き抜きます。

1目めが編めました。

※爪楊枝のある目が「1目め」になります。その下にある目は「結び目」です。結び目は「1目」として数えないので注意してくださいね♪

続けて編むとこのようになります。

【数え方】

・爪楊枝のある「結び目」→数えない
・かぎ針にかかった輪→数えない

こちらは5目編んだことになります。

応用A 細編みの作り目

こちらは鎖編みを作り目(土台)として、鎖半目を拾い「細(こま)編み」をしたところです。このような場面にも出てきます。

応用B 円編みの作り目にする

こちらは、鎖編みにさらに「引き抜き編み」をして、最初の目と繋ぎ、輪にしたところです。輪にすることで、円編みをする土台にすることが出来ます。

応用C バッグの持ち手の芯にする

こちらはバッグを作る際に、鎖編みでバッグの芯になる部分を編み、「細編み」で編み付けたところです。こんな風に使うこともできます。

ポイント

鎖編みは、いろいろな編み方の作り目になったり、バッグの持ち手の芯になるなど、
よく出てくる編み方です。

ズパゲッティ作品に必ずといっていいほど出てくるので、是非覚えて下さいね♪

ポイントは「目の数え方」。

どうしても分からない場合は、
編み途中、本体を手に持ったまま、親指でそっと編み目を押してみましょう。

簡単に押し広がるようであれば、数えられる「目」です。
(比較すると「結び目」は広がりにくいので、分かりやすいですよ♪)

是非基本をマスターして、作品作りを楽しみましょう♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。