WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ズパゲッティの基本「立ち上がりの編み方」

今回は、ズパゲッティの基本の編み方「立ち上がりの編み方」について説明していきます。こちらは、次の段を編む前に必要になる編み方。立ち上がりを編むことで、きれいな段になって仕上がっていくので、是非覚えて下さいね♪ #ズパゲッティ #編み方

2018.1.24

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.1.24 / 作成:2018.1.16

立ち上がりとは

次の段を編むときに、必ず必要になる「立ち上がり」のくさり目。

ズパゲッティ作品においても、欠かせない編み方のひとつになります。

「立ち上がり」とは、段の編み始めに行う、鎖(くさり)編みのことです。

この立ち上がりで、段を編むとき高さを出して編み始めることができ、
さらに段の終わりに「引き抜き編み」で形を整えることで、
きれいな段に揃えて編むことが出来ます。

段を編み進むときに必ず必要になるので、是非覚えて下さいね♪

基本「鎖編みの作り目から、細編みを編むときの立ち上がり」

ここでは、くさり編みを土台(作り目)として「細編み」を編んでいく時を例にして、説明していきます。細編みには立ち上がり1目が必要です。立ち上がりのくさり目の数で段の高さが決まるので、編み方によって数が変わります。まずは、編みやすい細編みで覚えましょう♪

鎖編みで5目編んだところです。

かぎ針に糸をかけ、鎖編みを1回します。

立ち上がりの鎖目が編めました。この立ち上がりの1目で細編みの段の高さを出し、編み進めることができます。

※立ち上がりは、“編み始めの段の高さを出すため”と考えると分かりやすいですよ♪

「細編みで次の段を編むときに行う立ち上がり」

こちらは、作り目から細編みを1段編んで、平らな状態(平編み)で編み進める場合を例にして、説明していきます。細編みで次の段を編むときに必ず行います。忘れないようにしましょう♪
 

細編みで段の終わりまで編んだところです。

かぎ針に糸をかけ、鎖編みをします。

立ち上がりが編めました。次の段は、本体を裏に返した後、鎖目の下にかぎ針を入れ編み始めます。

※こちらは「裏山を拾う細編み」の方法です。下の「基本の細編み」の中に、次の段を編む場面があるので、そちらも参考にして下さいね♪

「円編みで次の段を編むときに行う立ち上がり」

こちらは、「円編みで編む場合」について説明していきます。
丸底のバッグなど、円の形に整えながら編んでいくときに必要になります。

二重の輪に「結び目」を作り、「引き抜き編み」をして作り目を編み終わったところです。

※「円編み」については、まとめた記事があるので参考にして下さいね♪

かぎ針に糸をかけ、鎖編みをします。

立ち上がりが編めました。この目によって、次の段を編むための“高さを出す”ことができ、段を揃えて編み進めることができます。この後は、「引き抜き編み」をした同じ目(竹串のある目)にかぎ針を入れ、次の段を編み始めます。

「楕円形で次の段を編むときに行う立ち上がり」

こちらは、底面を作るために細編みで一周編み、「引き抜き編み」をして段を編み終えたところです。引き抜き編みの工程は、「円編み」の場合と同じになります。

かぎ針に糸をかけ、鎖編みをします。

立ち上がりが編めました。この後は「引き抜き編み」をした同じ目(爪楊枝のある目)にかぎ針を入れ、次の段を編み始めます。

ポイント

ズパゲッティ作品によく出てくる「立ち上がり」のくさり目。

こちらは、きれいな段を作り編み上げていくのに、とても大事な編み方になります。

ポイントは、「高さの揃った段を編むために必要な目」として覚える、です♪

この立ち上がりを忘れてしまうと、揃った段を作りたい場合は
きれいな段に仕上げることができません。

是非覚えて、素敵な作品作りに役立てて下さいね♪
 

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。