更新:2018.4.14 作成:2018.4.12

折り紙1枚を使ったカワイイ「立体リボン」の作り方

今回は、折り紙1枚でできる「立体的なリボン」の作り方です。こちらはリボンの折り方の中でも、特に人気の折り方。ちょっと難しめではありますが、一度覚えてしまえば意外にカンタン!ぜひ覚えて、オシャレな柄のデザインペーパーなどでも作ってみて下さいね♪
❤︎ お気に入り
目次
  1. 【材料・道具】
  2. ①三角に折る
  3. ②袋を開いて折り上げる
  4. ③折りすじをつける
  5. ④折りすじに沿って折りたたむ
  6. ⑤中心線に合わせて端を折る
  7. ⑥ゆっくりと広げる
  8. ⑦はさみで切り込みを入れる
  9. ⑧リボン部分を作る
  10. ⑨仕上げ
  11. ⑩完成です☆
  12. ポイント

【材料・道具】

材料

  • 折り紙(お好みで柄など)

道具

  • はさみ
  • のり

①三角に折る

まず、三角になるように半分に折ったら、さらに半分に折り1/4の大きさにします。

②袋を開いて折り上げる

袋を開いて、袋をつぶすようにして折り上げます。

裏も同様に折ります。

③折りすじをつける

折り紙の中心を少し折ります。

このような折りすじが付きます。

④折りすじに沿って折りたたむ

画像のように中心に寄せながら、折りすじに沿って全体をたたんでいきます。ひし形の角から続く折りすじを、つまむようにしてたたむのがコツ。

上から見て、中心に星の形ができるまで、しっかりと折りたたみます。

横から見ると、このようになります。

⑤中心線に合わせて端を折る

中心線に合わせて、左右の端を画像のように折ります。

裏も同様に折ります。

⑥ゆっくりと広げる

折り紙の端を持ち、ゆっくりと広げていきます。中心の袋は、指でやさしく押しながら、つぶすように折り上げます。

裏面はこのようになります。

⑦はさみで切り込みを入れる

⑤で折った端を立ち上げたら、立ち上がった上部(爪楊枝のある部分)に切り込みを入れます。

4か所全部に切り込みを入れます。

⑧リボン部分を作る

まず、上の部分をめくり、下の角に合わせて重ねます。

左右にある折り紙を折っていきます。上下の角を中心線に合わせて、画像のように折ります。

2枚を重ねて、中心まで切り込みを入れます。

好みの幅になるよう、下に垂れるリボンの部分を折ります。

⑨仕上げ

裏に返し、好みの形にリボンの端をカットします。

リボンの先にのりを付け、中心に差し込み貼り付けます。

⑩完成です☆

折り紙1枚で「立体的なリボン」が完成しました。1枚でできているとは思えないほど、完成度の高い作品です。とてもカワイイので、いろいろな色や可愛い柄でたくさん作りたくなってしまいますね♪ラッピングのアレンジや、女の子のごっこ遊びなどにも。オシャレなアレンジでいろいろと楽しめそうです。

ポイント

今回のポイントは、④の「折りすじに合わせて折りたたむ」ところです。ちいさなお子さんには、ここがすこし難しめ。難しい場合は、あらかじめ折りすじをつけてしまうという方法もあります。まず、ひし形は山折り、ひし形の角を結ぶ十字の線は谷折り、4つの正方形に分ける十字の線を山折りに折ってみましょう。しっかりと折り目を付けてあれば、中心に寄せていくだけで自然に折りたたむことが出来ますよ♪
この「立体リボン」のように、折り紙は折って遊ぶだけでなく、意外に実用的でとても便利。デザインペーパーなどのオシャレな柄でアレンジを楽しみながら、「オトナの折り紙」としてもぜひ活用してみて下さいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使うアクセサリー作りが好きです。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!