更新:2018.1.24 作成:2018.1.16

ズパゲッティの基本「引き抜き編み」

今回は、ズパゲッティの基本の編み方「引き抜き編み」について説明していきます。段の最初の目と最後の目をつなぐ時、バッグのふちの強化など、使う場面が多い編み方です。こちらもマスターすれば、より作品作りがカンタンになりますよ♪
❤︎ お気に入り
目次
  1. 引き抜き編みとは
  2. 基本の「引き抜き編み」
  3. 「最初と最後の目をつなぐ引き抜き編み(円編みの場合)」
  4. 「最初と最後の目をつなぐ引き抜き編み(楕円形の場合)」
  5. 「鎖編みを輪にする時の引き抜き編み」
  6. 応用 編地の表面にライン状に編む
  7. ポイント

引き抜き編みとは

編み物で、段を編むときに必ず行う「引き抜き編み」。

この「引き抜き編み」は、ズパゲッティ作品においても欠かせない編み方です。
バッグのふちを強化したり、段の高さを揃えるため最後に必ず必要になる編み方です。

また、同じ引き抜き編みでも、用途別に使い分けが出来ます。

例えば、よく使われるものを例として挙げると、

A.面に線を描くように編む→模様付けや、バッグのふちの強化などに使いたい時。
B.最初と最後の目をつなぐ→細編みなどで、最後に段の高さを整える時。
C.くさり編みを輪にする →円編みの作り目や、輪にした状態から筒状に編みたい時。

このように、違った使い方ができます。

特にBについてはバッグ作りなどにおいて必ず出てくるので、
是非覚えて、作品を楽しく作りましょう♪

基本の「引き抜き編み」

こちらは、バッグのふちの強化や、模様として編み付ける場合に使います。フリンジをつける際の土台にもなるので、覚えておくと便利です。

細編みで段の最後の目を編み、本体を返したところです。この後「引き抜き編み」でふちを強化していきます。

最初の鎖目の下にかぎ針を入れ、かぎ針に糸をかけます。

そのまま引き抜きます。次は隣の鎖目の下にかぎ針を入れ、同様に引き抜きながら編み進めます。

続けて編むとこのようになります。伸縮性の強い(柔らかめの)糸の場合、バッグのふちに編むと、より安定するのでおススメです。

「最初と最後の目をつなぐ引き抜き編み(円編みの場合)」

こちらは、「円く編む場合の引き抜き編み」について説明していきます。
編み始めの作り目や、丸底のバッグなど、円く編んでいくときに必ず必要な編み方です。

「作り目」の場合と「2段目以降の細編み」の2種類がありますが、
基本的には同じなので、かぎ針を入れる場所などの参考にして下さいね♪

作り目の場合

二重にした輪に「結び目」を作り、「細編み」で作り目を6目編んだところです。
爪楊枝のある最初の目にかぎ針を入れ、最初の目と最後の目をつなぎ、段を編み終えます。

目にかぎ針を入れたら、かぎ針に糸をかけ一度に引き抜きます。

引き抜き編みが出来ました。

2段目以降の場合

2段目を細編みで編み、最後の目を編んだところです。この後、竹串のある最初の目にかぎ針を入れ、最後の目と繋ぎます。

※茶色の爪楊枝のある目→立ち上がりの鎖目
 ピンクの爪楊枝のある目→前段の引き抜き編みの目

この目は編まないようにしましょう。

最初の目にかぎ針を入れ糸をかけ、一度に引き抜きます。

引き抜き編みが出来ました。この後は「立ち上がり」の鎖目を編み、引き抜き編みをした同じ目にかぎ針を入れ、次の段を編み始めます。

※「円編み」については、詳しくまとめた記事があるので、そちらも参考にして下さいね♪

「最初と最後の目をつなぐ引き抜き編み(楕円形の場合)」

こちらの「引き抜き編み」は、バッグなどの底や本体の側面を編むときに使います。ここでは、くさり編みで作り目をして「細編み」で一周編み、楕円形に底面を編んだ場合の「引き抜き編み」について説明していきます。基本的には円編みの場合と同じですが、迷いがちな「かぎ針を入れる場所」について説明してあるので、参考にして下さいね♪

バッグ底面の場合

底面をつくるため細編みで一周し、最後の目を編んだところです。段を編み終えるため、爪楊枝のある最初の目と最後の目を「引き抜き編み」で繋ぎます。

※かぎ針は「細編みの1目め」の鎖目の下に入れて編んでいきます。

最初の目にかぎ針を入れ糸をかけ、一度に引き抜きます。

最初と最後の目をつなぎ、段を編み終えました。この後は「立ち上がり」の鎖目を編んだ後に、引き抜き編みをした同じ目にかぎ針を入れ、次の段を編んでいきます。

「鎖編みを輪にする時の引き抜き編み」

こちらは、くさり編みを輪にする「引き抜き編み」です。小さく編んで「円編み」の作り目にしたり、輪の状態から筒状に仕上げていく作品などにも使われます。よく使われる編み方なので、覚えておくと便利です♪

鎖編みで6目編んだ後、最初の目(1目め)にかぎ針を入れたところです。

※爪楊枝のある目は「結び目」になります。

かぎ針に糸をかけ、一度に引き抜きます。

最初の目と繋ぎ、鎖編みを輪にすることが出来ました。

※編み目が伸びやすいため、比較すると強度はありませんが、小さく編むと円編みの作り目にも応用できます。糸の伸縮性を確認してから作ると安心ですね♪

応用 編地の表面にライン状に編む

こちらは、応用をまとめた別記事で紹介しています。
ぜひ、こちらもご覧くださいね♪

ポイント

段を編み終える時や、バッグのふちを強化する時にも出てくる「引き抜き編み」。

ポイントは「かぎ針の入れる場所を覚える」です。

それぞれに注意点があり、始めのうちは「かぎ針の入れる位置」が難しいと思いますが、
いくつか作品を作っていくうちに、だんだん分かるようになってくるので大丈夫。

まずは難しく考えず、気軽にトライしてみて下さい。
極太のズパゲッティなら、スルスルほどけザクザク編めるので、やり直しもカンタンですよ♪

簡単に編めるズパゲッティを使って、ぜひ編み物を楽しんで下さいね♪
 
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使うアクセサリー作りが好きです。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!