WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ズパゲッティの基本「細(こま)編みの編み方」

今回は、ズパゲッティの基本の編み方「細(こま)編み」について説明していきます。こちらはバッグ作りにもよく出てくる編み方で、円く編んでいく時などにも使います。是非マスターして、いろいろな作品に応用してみましょう♪ #編み方 #ズパゲッティ

2018.1.24

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.1.24 / 作成:2018.1.16

細編みとは

バッグの本体や小物など、いろいろな作品で使われる「細編み」。

ズパゲッティ作品によく出てくる「細編み」は、基本的には同じですが、
大きく分けると2種類あります。

①「くさり編みを土台として編む細編み」
②「まるく編むときに、輪を土台として編む細編み」

さらに細かく分けると、

①については「編み始め」が3種類あり、作品別に使い分けをします。

A「裏山をひろう細編み」→強度あり。バッグの底面など、本体によく使われる。
B「鎖半目をひろう細編み」→強度弱め。編み目が伸びやすいが、編みやすい。初心者向き。
C「鎖半目を拾ったあと、裏山をさらにひろう細編み」→3つのなかで強度は一番。

難易度は低い順から、B→A→C になります。

②については、工程は同じですが

A「作り目の場合」→輪をくぐらせながら編む
B「作り目の後に編む場合」→編み目にかぎ針を入れて編む

等の違いがあります。

ここでは、作品作りにおいて、
比較的よく使われるものについて、紹介していきます。

なお、基本的には同じですが、応用して使う編み方をまとめた記事があります。
リンクを載せてあるので、是非そちらも参考にして下さいね♪

基本の細編み「裏山をひろう細編み」

こちらは、バッグ本体によく出てくる編み方です。編み目をしっかりと仕上げたい作品向き。楕円形のバッグの底などによく使われます。裏山の場所さえ分かれば、後はカンタン!一番多く出てくる編み方なので、初心者さんも是非トライしてみて下さいね♪

「鎖編み」で5目編んだところです。細編みをするために「立ち上がり」の鎖目(爪楊枝のある目)を編んでおきます。

鎖編みを裏返しにすると、山のように糸が盛り上がった部分(竹串のささった部分)があります。この糸が「裏山」になります。ここにかぎ針を入れて編んでいきます。

※ピンクの印のある爪楊枝のある輪は立ち上がりの鎖目になります。

裏山にかぎ針を入れます。

かぎ針に糸をかけ、爪楊枝のある輪(=裏山)を引き抜きます。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。