WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

ピスタチオはダイエット効果あり?低カロリーで賢い食べ方&気になる脂質・糖質とは

#ダイエット #ピスタチオ

miraclenakm
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年11月25日更新

お酒のおつまみやコンビニスイーツとしても人気なピスタチオ。実はダイエット効果も抜群です。ナッツ類は高カロリーと思われがちですが、クルミやマカダミアナッツなどよりも低カロリーで、さらに女性に嬉しい美肌や便秘に効果のある成分も含まれています。今回は、ピスタチオの栄養素やカロリー、そして期待できるダイエット効果。さらには、おすすめの食べ方などをご紹介します。

ピスタチオはなぜダイエットにいい食材なの?

ナッツ類であるピスタチオは糖質が高そう、脂質が多そうってイメージがありますよね。実は誤解で、適切に摂ることでダイエット効果抜群の食材になっちゃいます。さらに、ナッツ類はニキビや吹き出物を増やすと思っている方も多いと思いますが、実は美容にもとってもいい効果があります。それでは、詳しいダイエットに効果をみていきましょう。

1. 低糖質・低GI

ケーキなどの小麦粉を使った食品や炭水化物、脂肪分の多いお肉は空腹時に食べると血糖値が急激に上がるため健康によくありません。しかし、ピスタチオは低糖質&低GI。ゆっくりと血糖値を上げて、空腹感を緩和してくれます。

※GI:食後血糖値の上昇を示す指標。低GI食品は肥満や2型糖尿病の発症リスクを減らす可能性があるとされ、1990年代から世界的に注目されています。

2. 豊富なビタミンB2で脂肪燃焼

ビタミンB2は糖質が身体に取り込まれてしまう前に、エネルギーとして使う作用があります。脂肪の燃焼作用を増やして、身体に溜まることなく消費させるのは嬉しいですね。
さらに、皮膚や髪・爪など、細胞の再生を促してくれる効果もありますよ。ダイエット中によくある髪の毛パサパサや爪ボロボロを、ピスタチオに多く含まれるビタミンB2が改善してくれます。 また、食べてないのに体重が増えた!という方は、ビタミンB2が不足している場合もあるためピスタチオはダイエットに最適な食材です。

3. 体に良い脂質!オレイン酸とリノール酸

血中コレステロールや中性脂肪を増やす飽和脂肪酸とは違い、ピスタチオに含まれるオレイン酸やリノール酸は不飽和脂肪酸のため、例えば血行が良くなり基礎代謝がアップして、脂肪を減らす効果が期待できます。
また、オレイン酸は善玉コレステロールを維持し、リノール酸はコレステロールを減少させます。特に運動しなくても、食べるだけでダイエットできるなんて嬉しいですよね!さらに、ニキビ予防や肌に潤いを与えてくれるなどの美容効果も期待できます。

4. 不溶性食物繊維で便秘解消

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • miraclenakm

    こんにちは☆毎日の家事が、ラクになる・節約できる・楽しくなる♪そんな工夫やアイデアをお届けします。...

    フォローする