WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

モコモコ手芸を始めよう!初めてのニードルパンチ【基礎編】

#ニードルパンチ #手芸

okoroom
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年9月9日更新

スレダーの白い持ち手まで差し込むと、ハンドルの先から、スレダーの輪っかになっている先端が見えてきます。

スレダーの先端の輪っかになった箇所を指で開き、その中に毛糸を通します。

スレダーの白い持ち手をスルスルと引っ張っていきます。

毛糸が針先から出てきたら、毛糸をスレダーから外します。 これで、糸通しは完了。 毛糸は常に10cm位出しておきます。

針の長さを調整する

ニードルパンチでは、針の長さを調節する目的は、「ループ」に仕上げる時にループの長さを調節することです。

 

こちらのニードルは、針の長さを調節できるアジャスターが付いています。 調整可能な範囲は、ABCDの4段階です。

ハンドルの先端のつまみを引っ張りながら、A~Dの目盛りの場所へ調整をすると、針の長さはこのように変化をします。 A:53㎜ B:43㎜ C:34㎜ D:24㎜

布に刺す

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • okoroom

    ものづくりが好きです。 いつも何かと作っています。

    フォローする