WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

ちょい足しで楽しむ、手芸【ニットに刺繍】

#手芸 #刺繍

okoroom
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年2月18日更新

一から手づくりをするのは時間や気力が必要。そこで、時短で気軽に手づくりを楽しみたいと思っている方へ・・既製品にちょい足し手芸をすることがお勧めです!今回は寒い季節に欠かせないニット素材に注目して、簡単にできる毛糸やビーズを使ったニット刺繍のデザインと作り方を紹介します。




刺繍の刺し始めと刺し終わりは、裏に返してから、刺繍をした毛糸の下をジグザグに通します。

5.デザインの決め方

デザインは、2種類のステッチを組み合わせてみました。 下から クロスステッチ⇒3段とばし⇒メリアスステッチの連続⇒1段とばしのメリアスステッチ 段数や配色は、お好みでどうぞ。 ここでは、単調にならないように、段数はバラバラにしています!

6.刺繍をする位置

同じデザインでも、刺繍をする位置によって、仕上がりの印象が随分と違ってきます。 今回は、片方の肩の部分に刺繍をしてみました。 両方に刺繍すると、仕上がりを揃える必要があるので、あえて片方だけに。

その2 編み目の細かいニット

編み目の細かいニットは、生地感覚で形のある刺繍を楽しむことがお勧めです。

1.毛糸の選び方

編み目が細かいニットは、通常の生地と同じ感覚で刺繍していくことが出来ます。 毛糸の太さやカラーはお好みでどうぞ。 毛糸が太いとぷっくりとした刺繍が出来上がり、細いと繊細な刺繍がに仕上がります。 カラーは、3~4色がお勧め! 今回は、やや細めの毛糸で、カラー3色に。 ニットに馴染むカラーとして緑色を、 差し色としてピンク色を、 3色目は、全体に可愛く仕上げるために白色に決めてみました。

関連する他の記事

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • okoroom

    ものづくりが好きです。 いつも何かと作っています。 執筆の他に、グリーティングカードや雑貨の創...

    フォローする