WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ちょい足しで楽しむ、手芸【ニットに刺繍】

一から手づくりをするのは時間や気力が必要。そこで、時短で気軽に手づくりを楽しみたいと思っている方へ・・既製品にちょい足し手芸をすることがお勧めです!今回は寒い季節に欠かせないニット素材に注目して、簡単にできる毛糸やビーズを使ったニット刺繍のデザインと作り方を紹介します。




#手芸 #刺繍

okoroom
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年2月18日更新

三種類のニット素材でご紹介

ニット素材には色々な種類があります。
ここでは、その中から編み目の違いにより3つに分けて紹介します。

その1 ざっくりと編まれたニット

その2 編み目の細かいニット

その3 模様編みのニット


それぞれの特徴を活かした簡単なニット刺繍ですので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

その1 ざっくりと編まれたニット

ざっくりと編まれたニットは、編み目がハッキリと見えるので、その編み目を活かす方法がお勧めです!

今回は、メリアス編みのニットに刺繍をしてみました。

1.毛糸の選び方

毛糸の太さは、編み目と同じぐらいのものがお勧めです。
細すぎると、編地が下から見え隠れするので、要注意。

毛糸の色は、単色でシンプルに仕上げたり、多色で色選びを楽しんだりとお好みで。
お勧めは、3~4色。

今回は、
編地に馴染む色として白色、
編地の差し色として緑色、
最後にやんわりと仕上げるためにキャメル色の3色を選びました。

2.ステッチは2種類だけ

時短で気軽に仕上げるに、ステッチの数は少なめに。

左はメリアスステッチ、右はクロスステッチです。

3.メリアスステッチのやり方

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • okoroom

    ものづくりが好きです。 いつも何かと作っています。

    フォローする