WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

たった4つの材料で作れちゃう!基本のバスボムの作り方

みなさん、入浴剤の1種であるバスボム(バスフィズ)が、身近なアイテムで、簡単に手作りできることをご存知ですか?実は、基本のバスボムは、たった4つの材料で作ることができるのです。この記事では、そんな基本のバスボムの作り方を写真付きでご紹介しています。 #バスボム #作り方

師走
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年4月24日更新

入浴剤でリラックス効果を底上げ

入浴剤とひと口に言っても、その種類はさまざま。昔ながらの粉状の入浴剤の他、液体タイプの入浴剤に、発汗効果があるされるバスソルトや、保湿効果が期待できるというシュガーバスと、本当にいろいろなアイテムがそろっています。

しかし、今回この記事でプッシュするのは、バスボムというニュータイプの入浴剤です。では、続いては、みなさんも1度は目にしたことがあるだろうこのバスボムについて簡単にご紹介していきます。

バスボムってどんなもの?

バスボムとは

バスボムとは、お風呂のお湯に入れると、ブクブクと泡を出しながら、シュワシュワと溶けていく入浴剤です。バスフィズとも呼ばれ、さまざまなメーカーが、オリジナルの商品を次々と発表しています。

イギリスに本社を構える大人気ブランドLUSHも、このバスボムを販売しています。日本でのバスボム人気は、このブランドが後押ししているとも言えるくらいです。

コストについて

バスボムは他の入浴剤と比べると、少し割高のように感じるかも知れません。特にブランド品のバスボムは、粉状の入浴剤と比べると、購入を躊躇ってしまうこともあるでしょう。

そのため、毎日、日常的に使える入浴剤というよりは、本当に癒しが必要なときのアイテムとして認識されている方も多いはず。

けれど、実はこのバスボムを超高コスパで手に入れる裏ワザがあるのです。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • 師走

    美味しいものが大好きで、いろんなお店をまわって、掘り出し物を探しています。とっておきの商品を発見...

    フォローする