WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ズパゲッティの基本「立ち上がりの編み方」

今回は、ズパゲッティの基本の編み方「立ち上がりの編み方」について説明していきます。こちらは、次の段を編む前に必要になる編み方。立ち上がりを編むことで、きれいな段になって仕上がっていくので、是非覚えて下さいね♪ #ズパゲッティ #編み方

and_me
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年1月24日更新

こちらは、作り目から細編みを1段編んで、平らな状態(平編み)で編み進める場合を例にして、説明していきます。細編みで次の段を編むときに必ず行います。忘れないようにしましょう♪
 

細編みで段の終わりまで編んだところです。

かぎ針に糸をかけ、鎖編みをします。

立ち上がりが編めました。次の段は、本体を裏に返した後、鎖目の下にかぎ針を入れ編み始めます。

※こちらは「裏山を拾う細編み」の方法です。下の「基本の細編み」の中に、次の段を編む場面があるので、そちらも参考にして下さいね♪

「円編みで次の段を編むときに行う立ち上がり」

こちらは、「円編みで編む場合」について説明していきます。
丸底のバッグなど、円の形に整えながら編んでいくときに必要になります。

二重の輪に「結び目」を作り、「引き抜き編み」をして作り目を編み終わったところです。

※「円編み」については、まとめた記事があるので参考にして下さいね♪

かぎ針に糸をかけ、鎖編みをします。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。机の上でカンタンにできる、100均材料などを使う工作系「簡単DIY」が好きです。

    フォローする