WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

【管理栄養士が解説】いま注目の「腸活」と免疫力との関係とは?

#腸活 #知識 #健康

管理栄養士 いそ まき
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年5月18日更新

予防医学として、健康番組などで最近注目を集めている「腸活」。腸は体の免疫の約7割を司っているといわれており、腸内環境を整えることは、健康な体づくりには特に重要になってきます。本記事では管理栄養士である筆者が、腸活についてわかりやすく解説します。
予防医学として、健康番組などで最近注目を集めている「腸活」。
腸は体の免疫の約7割を司っているといわれており、腸内環境を整えることは、健康な体づくりには特に重要になってきます。

今回は管理栄養士である筆者が、今話題の腸活について解説します!

腸内環境を整える「腸活」とは?

腸活は、腸内細菌のバランスを整える健康活動のことです。

腸活をする理由は人それぞれ。
免疫力アップのため、美容のため、ダイエットのためなどさまざまですが、どれも「健康志向」が背景にあり、腸内環境を整えることで健康を促進することが期待されています。

腸内細菌のバランスってどういうこと?

腸の中には約1㎏、1,000種類以上もの細菌がいるといわれています。内訳は人によって異なります。生活習慣や食べたもの、お通じ、年齢、ストレスなど、人によって腸内の細菌の状態が違うためです。

腸内にいる菌は大きく分けて、
・善玉菌(体に良い影響をもたらす菌)
・日和見菌(特に影響はない菌)
・悪玉菌(体に悪い影響をもたらす菌)


の3つに分類されますが、理想のバランスは順番に「2:7:1」といわれています。

実際自分の腸の中の状態を把握することは難しいですが、腸活をしてバランスを整えたことで、体の変化を感じる方も多くいるようです。

ここからは、感染症予防として注目を集めている腸活の「免疫力アップ」を軸に説明していきますね。

腸内細菌の状態が免疫力に関わっている!?

これまでの研究により、腸にいる悪玉菌が多いと免疫力が下がり、感染症やがん、アレルギーなどが発症しやすくなる・風邪をひきやすくなるといれています。

腸は口などから取りこまれた栄養や細菌などが通過し、消化・吸収されますが、良いものも悪いものも腸を通過するので、「これは悪いものだ」と判定されたものは撃退するように免疫力が働きます。

腸には、体にある免疫細胞の約7割が存在しているといわれています。たくさんの菌が共存するため免疫活動もさかんに行われますが、その働きは腸内環境に大きく左右されるということです。

このように、腸内環境を整えることは、私たちの免疫力をアップさせることにつながると考えられ、コロナが流行する今、腸活が注目を集めているのです。

悪玉菌はどうして増える?

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 管理栄養士 いそ まき

    食で健康を支えたい。そんな思いで活動をしています。生活習慣病の予防は食習慣が大切です。みなさんの...

    フォローする