WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

プラバンの着色方法-徹底解説集!8種類の画材で実際の仕上がりを比較

#作り方 #プラバン

IRIMA
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年1月28日更新

油性マジックは黒1色で描くので、シルエット風の絵がオススメです。

2.色鉛筆で着色

ヤスリがけをしたプラバンを用意します。 ヤスリがけしていない面に、お好きな絵を書きましょう。

ヤスリがけしている面に、色鉛筆で色を塗りましょう。 焼くと色が凝縮するので、あまり濃くならないように気をつけましょう。

表に返すとこんな感じ。 焼くと色鉛筆の線が出やすいので、それをうまく使ったアクセサリー等がかわいいかなと思います。

【焼成後】

焼くと、色が凝縮して濃くなります。 色鉛筆は、線で色を塗るので、筆圧で濃さにムラが出ます。

※写真は、色鉛筆の線が出やすいように荒く色付けしています。 均等に色塗りしておくと、もう少し色鉛筆の線は少なくなると思います。

お子様と作る場合は、クレヨンよりも色鉛筆がオススメです。クレヨンは強く色付けすると、焼成後、油分が多すぎて乾くのに時間がかかり、扱いづらいです。 色を塗ったときと、焼いた後の色の濃さの変化も楽しめます。

3.クレヨンで着色

色鉛筆の時同様、ヤスリがけしている面に色を塗りましょう。 クレヨンの良さを出したいときは、クレヨンを斜めにして、薄めにさっと塗るのが良いです。

関連する他の記事

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • IRIMA

    フォローする