WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

プラバンの着色方法-徹底解説集!8種類の画材で実際の仕上がりを比較

プラバンはいろいろな着色方法で楽しめるアイテムですが、それぞれ書いた絵がどんな仕上がりになるのか気になりますよね?そこで今回は、色鉛筆・クレヨン・スタンプなど、8種類の着色方法を試してみました! #作り方 #プラバン

IRIMA
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年1月28日更新

プラバンで絵を描くとき、着色材それぞれどんな仕上がりになるの?

大人も子どもも気軽に楽しめるハンドメイドアイテム・プラバンですが、皆さんは普段、どんな着色材を使っていますか?

色鉛筆やクレヨン、アクリル絵の具など、プラバンに使用できる着色材はさまざまありますが、実際にそれぞれの着色材を使用したとき、焼成後はどんな仕上がりになるのか、気になる人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、8種類の着色方法を試してみました!

材料・道具

今回試すアイテムはこちら

・油性マジック
・色鉛筆
・パステル(手持ちがないのでクレパスで代用しています)
・クレヨン
・スタンプ
・ポスターカラー
・プリントプラバン
・アクリル絵の具
(・マニキュア)


プラバンは厚さ0.2mm〜0.3mmのものを使用しています。

<用意した道具>
・紙やすり
・メラミンスポンジ
この他、プラバンアクセサリー等を作るにはトースターや金具、作るものによって道具が必要になります。
 

0.着色に移る前に…

色鉛筆・クレヨン・クレパス・パステルはヤスリがけのプラバンを用意

手で持ちやすいサイズのメラミンスポンジ(四角いものならなんでもいいです)と紙やすりの細目を用意します。

スポンジを紙やすりでくるみましょう。 ※ヤスリのざらざら面が表になるように。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • IRIMA

    フォローする