WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ディアウォールと2×4材で、壁にキズを付けずお洒落な壁面収納が出来る!

賃貸などにお住いの方は、壁に穴を開けれないですよね。それでもやはり、収納を増やしたい、お部屋の雰囲気を変えたいという人は沢山いるはず。そんな方にオススメなのが、ディアウォールと2×4材で簡易的に作れる壁面収納!これから詳しく作り方をレクチャーしていきます。
#ディアウォール #壁面収納

ichiko115
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2019.2.11 / 作成:2019.2.9

部屋の雰囲気に合わせて、今回はウォールナットの色に塗装をしました。
使用したのは自然素材のワックス。
ゴシゴシと塗り込んでいくと、グッと雰囲気が変わりました。
柱と同じ色で棚板も塗装すると、統一感がでますね。

ついでに棚柱の金具の部分もスプレーで黒に塗装してみました。
イメージは男っぽい無骨なインテリアです。
 

②棚柱をつける

棚柱をビスで固定していきます。
斜めにならないように、慎重に取り付けましょう。
印を2点以上つけてからやると、失敗が少ないと思います。

塗装せず、自在棚にもしないので棚柱もいらないという方は、この2つの行程は省くことができます。

③ディアウォールを木材につけて、壁に固定する

早速、ディアウォールを木材に取り付けていきます。
まず、木材の上にディアウォールを被せ、そのまま天井に押し付けるようにします。
そのままの状態で、木材の下にもディアウォールをはめ込んで、壁にピッタリくっつくように、グッと押し込んでいきましょう。
出来れば誰かにサポートしてもらい、2人でやるとスムーズにいくかと思います。

柱を軽く揺さぶって、ゆるいと感じたときは、ディアウォールの付属のスペーサーを下のディアウォールの中に入れて調節して下さい。
2mmの厚さがあります。

④棚受けをつける

先程付けた自在棚用の棚柱に、棚受けをカチッとはめていきます。
棚受けを直接柱につける方も、ここで固定して下さい。

⑤棚板を渡す

ここまできたら、棚板を渡して終わりです。

あとは、自分の好きなように雑貨を並べたり、レイアウトして下さい。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • ichiko115

    2人の息子の子育てに奮闘中です。多少手間がかかっても、ちょっと不格好でも、「自分でやってみる」こと...

    フォローする