WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ディアウォールと2×4材で、壁にキズを付けずお洒落な壁面収納が出来る!

賃貸などにお住いの方は、壁に穴を開けれないですよね。それでもやはり、収納を増やしたい、お部屋の雰囲気を変えたいという人は沢山いるはず。そんな方にオススメなのが、ディアウォールと2×4材で簡易的に作れる壁面収納!これから詳しく作り方をレクチャーしていきます。
#ディアウォール #壁面収納

ichiko115
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年2月11日更新

必要なもの

・ディアウォール
・2×4材 (2本〜)
・棚受け
・棚板
・棚柱(使う人のみ)
・ビス
・電動ドリル ドライバー
・サンダー(あったら便利 紙やすりでも可)
・塗料(使う人のみ)



これらは2本の柱に、棚受けを設置して、その上に棚板を渡すような収納を想定したものです。
棚柱は、設置すると自由に棚の高さを変えられる、自在棚になります。
これを付けない場合は、直接柱に棚受けを取り付けることとなります。
後からまた気分によってレイアウトを変えたりできるので、個人的には棚柱を付けて自在棚にした方が汎用性が高いかなと思います。
ちなみに、棚受け、棚板とも100円ショップでも見つけました。

電動ドリル、ドライバーはあるとDIYの幅がすごく広がるアイテムです。
初期投資となりますが、まだ持ってない人はあるといいと思います。

サンダーとは電動のやすりのこと。
これは今回は扱いやすい2×4材ということもあり、紙やすりでも可能です。
机や椅子なんかを作る場合は水平を求められるので、あった方がいいですね。

塗料は塗っても塗らなくても個人の好みです。
部屋の雰囲気や自分の趣旨に合わせて決めてください。
ちなみに、ディアウォールも元々色のバリエーションはありますが、樹脂でできているので塗装することも可能です。

2×4材の購入時のポイント

・ホームセンターでカットしてもらおう

・ディアウォールの推奨(天井高マイナス45mm)より少し長め(天井高マイナス40mm)にするとうまくいく

・水平に置いて、反りがないものを選ぶ

・節が少ないものを選ぶ




2×4材を購入するときのポイントをまとめてみました。

まず、購入したホームセンターでカットしてもらった方が、絶対に楽で綺麗にできます。
木材を素人がカットするのは、思っているよりもかなり難しいということがわかりました。
ホームセンターなら30〜50円ほどで綺麗に切ってくれるので、ぜひこのサービスを利用することをお勧めします。
この際、忙しい中店員さんも対応してくれるので、カットする長さをさっと伝えれるよう事前に準備しておくとスムーズかと思います。

ディアウォール公式では、柱として使用する木材は天井高マイナス45mmを推奨しています。
しかし、これだと少し柱が短く感じ、ゆるゆるになってしまうというレビューもちらほら見かけます。
色々と調べた結果、柱となる木材は天井高マイナス40mmにカットするのがもっとも良いということがわかりました。
これは、私個人の見解ではなく、ディアウォールを扱うDIY愛好家の方々の中ではセオリーのようです。

2×4材というのは安価な木材であるために、中には稀に扱いづらいような粗悪品に近いものが紛れていることもあります。
店頭で買う際によく見極めてください。
水平なところに置いて反りが無いかどうか、節がたくさん無いかどうか、確かめてから購入しましょう。
節があると、ビスが入りづらいです。

 

ディアウォールと2×4材で壁面収納を作ろう!(実践編)

①塗装をする

これは塗装前の木材です。
この縦に2つ並んだ木材を柱として使用するので、塗装していきます。
この時、必要に応じて、やすりをかけましょう。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • ichiko115

    2人の息子の子育てに奮闘中です。多少手間がかかっても、ちょっと不格好でも、「自分でやってみる」こと...

    フォローする