WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

栗がダイエットに効果的!美容効果も!?

栗がダイエットに効果があるなんて話し、聞いたことありましたか?
そんなイメージはありませんよね。でも実は、食べ方などを間違わなければダイエットにも美容にも効果的なのです。
今回はそんな栗ダイエットについて解説していきます。ぜひ参考になさってください。 #栗 #ダイエット

michi
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2019.1.31 / 作成:2019.1.31

栗の栄養素やカロリーは?

栗の栄養素

あまり知られていないかもしれませんが、実は小さな栗には栄養素がぎっしりと詰まっているのです。
まずは栗の栄養素と効能をご紹介します。

●炭水化物
からだを動かすエネルギーの素となる成分。脳の唯一のエネルギー源でもある。疲労回復の効果もあります

●ビタミン類
ビタミンA・B1・B2・C と、ビタミンが豊富に含まれています。特にビタミンCが多く含まれていて、熱を加えても壊れにくいという特徴があります。

●カリウム
むくみや高血圧を予防する効果があるといわれています。不足しやすいので積極的にとりたい栄養素です。

●食物繊維
善玉菌のエサになり、悪玉菌を減らしてくれて便秘解消の効果が期待できます。栗にはさつまいもよりも多く食物繊維が含まれています。

●亜鉛
不足すると味覚障害や肌荒れ、抜け毛などの症状が起こる原因となります。

●タンニン
渋皮に含まれています。ポリフェノールのひとつで、アンチエイジングやガン予防にも期待されています。
 

栗のカロリー

栗のカロリーは皮をむいた状態で1個(13g~16g) 約21~26カロリー
100gで約164カロリーとなっています。

ご飯100gのカロリーが168カロリーとなっているので
実は栗を7,8個食べれば、子供茶碗に一杯分のご飯と同じくらいのカロリーになってしまいます。

これは本当にダイエットに効果的なのでしょうか?
 

なぜダイエットに栗がいいのか?

炭水化物であるデンプンは重要な栄養素

炭水化物と聞くと、ダイエットの敵というイメージがありますよね。「炭水化物抜きダイエット」もあるくらいですし。
もちろん、炭水化物の摂りすぎは肥満のもとになってしまいます。

しかし炭水化物は生きていくうえで必要な栄養素のひとつです。炭水化物が不足すると疲れやすくなったり、内臓機能が低下して便秘や肌荒れを起こす原因ともなります。

炭水化物の種類は「糖質」と「食物繊維」の2つに分けられています。

栗は糖質になりますが、糖質もまた3つに分類され、栗を含め穀物やイモ類に含まれるデンプンは「多糖類」という種類になります。

他の糖質には、果物やハチミツに含まれるブドウ糖や果糖は「単糖類」砂糖に含まれるショ糖や牛乳に含まれる乳糖は「少糖類」と分けられています。

実は、ごはんや栗の主成分である「デンプン」が大変重要な成分で、このデンプンが不足すると燃焼作用がうまくいかなくなり、野菜や果物を食べてもビタミンやミネラルなど栄養が吸収されません。更に、デンプンが不足すると新陳代謝が悪くなり、むくみの原因にもなります。

そのため、サラダだけとか果物だけ食べるという単品ダイエットは体重は減るかもしれませんが、必要な栄養は摂れず、健康的にきれいに痩せられるダイエット方法ではないのでおすすめできません。

もちろん食べ過ぎは良くないですが、食事のバランスをしっかり考えて食べることが一番重要です。

栗がダイエットに効果的という意味は、先に栄養素をご紹介したように、ビタミンが豊富だったり、むくみを予防するカリウムや便秘解消の助けになる食物繊維など、優れた栄養素がたくさん入っていることが挙げられます。
 

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • michi

    家事代行の仕事をしています。断捨離や掃除が大好き。分かりやすく、ためになる記事をお届けしたいです。

    フォローする