WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

Trick or treat!透明粘土でキャンディを作ってハロウィンキーリングを作ろう

日本にもすっかりハロウィンが定着してきましたね。街のショップなどでもハロウィングッズが増えてくる季節になりました。
今回は透明粘土のすけるくんでロリポップキャンディとくるくるキャンディを作った後、ダイソーの金平糖ビーズなどと組み合わせてお菓子いっぱいのキーホルダーに仕上げていきたいと思います。 #ハロウィン #樹脂粘土

lonlon
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.8.30 / 作成:2018.8.29

透明粘土すけるくんでキャンディを作ってみよう

乾燥して硬化するとかなり透明感の出るすけるくんという樹脂粘土でいろんな形のキャンディを作ってみたいと思います。
キャンディを作った後は、今までに作ったチョコや角砂糖と組み合わせてお菓子いっぱいのハロウィン仕様のキーホルダーにしていきたいと思います。
同じすけるくんを使って作った作品はこちらです。
薄くすると後ろが透けて見えるくらい透明感がありますが、今回は厚みがあるので、ほんの少しの透け具合になります。
すけるくんについて詳しく解説していますので合わせてどうぞ♪

すけるくんでつくるキャンディ

材料と道具

まずは、キャンディ自体を作る材料と道具です。

<材料>
  • すけるくん
    乾燥すると透明になる粘土です。
  • 樹脂粘土
    グレイスやダイソーの樹脂粘土(ホワイト)
    こちらは、くるくるキャンディを作る時の芯になります。
  • 絵の具
  • 製菓用ロリポップの棒
    セリアやダイソーの製菓コーナーで手に入れられます。
  • ボンド
  • ニス

<道具>
  • ダイソーやセリアで売っているデコ弁キットやクッキーの型
    オーバルや丸、ハートなど好きな形でどうぞ。今回はオーバル型を使用しました。
  • 30cmのプラスチック製のものさしか粘土プレッサー
    粘土を長く均等に伸ばしていくのに使用します。
  • カッターナイフ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • lonlon

    樹脂粘土とビーズを中心に色々と作っています。

    フォローする