WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

樹脂粘土の種類と色の付け方~粘土のお話①~

#樹脂粘土 #着色方法

lonlon
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年7月21日更新

樹脂粘土と一口にいってもネットで検索すればいろいろな種類が出てきてどれを使えばいいのかわからないし、そもそも、粘土真っ白だけど何で色づけするの?後から色を塗るの?粘土に最初から混ぜるの?「興味あるけど情報が多すぎてもうわからない」から一歩踏み出す粘土の基本をお話したいと思います。

粘土の種類と特徴は?

樹脂粘土と一口に言ってもたくさんの種類があり、その特徴も様々です。
まずは、粘土の種類について調べてみました。
樹脂粘土には大きく分けて
  • 軽量樹脂粘土
  • 樹脂粘土
  • 樹脂(風)粘土
  • 透明粘土
  • オーブン粘土
があります。
粘土の種類はまだまだありますが、今回はフェイクスイーツやクレイフラワーによく使われているこの5種類についてご紹介していきます。

軽量樹脂粘土の特徴

代表的な粘土:ハーティクレイ

特徴:
微小中空球樹脂が材料の自然乾燥で固まる粘土です。とにかくふわっと軽く伸びがいいのが特徴で、硬化後も少し弾力があり、見た目はマシュマロのような仕上がりになります。
透明感はなく硬化後も色に変化はありません。
強度がないので、この質感は活かしつつ強度が必要なものを作りたいときには樹脂粘土と混ぜて使います。

※ちなみに私はハーティクレイのソフトが一番扱いやすく軽量粘土に関してはそちらを使っています。

適したアイテム:マカロン、アイスクリーム、クッキー
約1cmの粘土玉に写真の量の絵の具とカラー絵の具を足した時の色の発色具合です。
(上カラー粘土、下絵の具)

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • lonlon

    樹脂粘土とビーズを中心に色々と作っています。

    フォローする