WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

プラバンで立体的な鬼灯の簪の作り方

プラ板で鬼灯の簪をつくりませんか?
鮮やかな色がとっても綺麗なのでぜひチャレンジしてみてくださいね。 #プラ板 #簪

かがみ
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年6月24日更新

今回簪として使用するのは100均で買ってきたお箸です。 お好みのデザインでどうぞ。 先端部分に滑り止めの溝がない方が良いと思います。 箸っぽいので。

長さを調節する

好みもありますがそのままでは長いので短くします。 13〜19㎝くらいです。 カッターでも良いですが鉛筆削りで削りました。 先端が尖り過ぎないようにヤスリで調節してください。 痛いです。

削ったままでは色が違うので、似た色の油性ペンで塗ると見栄えが良くなります。 全体をマニキュアで塗っても綺麗なんじゃないかと思います。

ヒートンを取り付ける

箸の上の部分にピンバイスで穴を開けましょう。 中央部分です。

ヒートンをねじ込んでみて、大丈夫だったら一旦ぬきとります。 ヒートンのネジ部分にボンドを塗り、ねじ込めば簪本体の準備完了です。

組み立てる

ゴールドのチェーンをつけます。 チェーンの2:3くらいのところにマルカンをつけてヒートンにつけます。 マルカンをつける時は輪を左右に広げるのではなくて、前後を動かしてください。 壊れやすくなってしまいます。

短い方にビーズのパーツをつけます。 バランスを見ながらお好みのところへつけてください。 ビーズの丸いところをチェーンに直接つけても良いのですが、今回はそれぞれマルカンで繋ぎました。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • かがみ

    身の回りのものや、100均のものを材料に手作りしています◝(⁰▿⁰)◜

    フォローする