WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

家にある材料で。メイソンジャーリメイクで「オイルランプ」の作り方

今回はメイソンジャーで「オイルランプ」を作ります。基本材料は、100均や家にあるものでOK。長時間点灯が可能なので、停電時などに役立ちます。アルミ缶で作れる方法もご紹介。作り方はとってもカンタン。上手に芯を燃やすコツなどもご紹介。身近な材料で、役立つDIYをしてみませんか? #メイソンジャー #オイルランプ

and_me
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.6.18 / 作成:2018.6.16

【材料・道具】

材料

  • メイソンジャー&蓋(今回はセリアのガラス製。ドリンキングジャーの穴あき蓋が便利。)
  • 空き缶
  • オリーブオイル(サラダ油でも可)
  • アロマオイル(エッセンシャルオイル。お好みで)
  • ひも(綿ロープ。太さ4ミリ。20㎝程度)

道具

  • サンドペーパー(スポンジサンダーが便利。240番を使用。)
  • カッター
  • はさみ
  • 新聞紙など(必要な場合)

①アルミ缶の表面を削る

アルミ缶の塗料が気になる場合、サンドペーパーなどで塗料を落としておきます。

※スポンジタイプのやすりがあると便利。水にも強いので、お皿を洗う要領で簡単に落とせますよ♪

②アルミ缶をカットする

アルミ缶にカッターなどで切り込みを入れ、3㎝くらいの幅でアルミ缶を帯状にカットします。(今回は9㎝にカットしました。)

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。

    フォローする