WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

かぎ針だけで編めた!ズパゲッティのラグの作り方

今回は、初心者さんにもやさしいハンドメイド素材、Tシャツヤーンの「ズパゲッティ」を使い、ラグマットを作ります。「まるく編むのって難しいのでは?」「ラグなんて相当時間がかかるのでは?」そんな心配もこのズパゲッティなら大丈夫!ポイントさえ押さえれば、ザクザク編めますよ♪ #ズパゲッティ #かぎ針編み #編み方

and_me
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.12.4 / 作成:2017.11.30

その他のズパッゲッティの作品集・編み方はこちら↓

ズパゲッティの編み方・素敵な作品総まとめ<初心者でも>

【材料・道具】

材料

  • ズパゲッティ(ブルー系、グレー等お好みに合わせて)数玉

道具

  • かぎ針(10mm。8mmもあると便利)
  • はさみ

①円編みをする前に

円の形に編むには、2種類の方法があります。

①1周(段)ごとに円形に整えず(=最初と最後の目を繋がず)渦巻き状に続けて編んでいく。
②1周(段)ごとに円形に整え(=最初と最後の目を繋ぎ)、高さを出してから(=立ち上がりの鎖目を編んでから)次の段を編んでいく。

今回は、渦巻き状に編む①の方法で作っていきます。1周ごとに形を整え大きさを増やしたい場合は、「④2周めを編む」の中に簡単な説明があるので、そちらを参考にして下さい。

そして、仕上がりが「平らな円の形」になるように、押さえておくポイントがあります。平らな円に仕上げるには、編み目の数を決め、「ちょうどよく」増やす必要があります。円になるように増やさないと、円の長さが長すぎて、床に置いたときに波打ってしまうので気を付けて下さいね♪

*ここでのポイント*

①1周編む度に、1目めに印をつける(編み始めを分かりやすくするため)
②決まった数の目を編み、最後に必ず確認する(数が違うと、たわんだ形に仕上がるため)
③2回細編みをする場合は、位置をずらす(ずらさないと、きれいな円にならないため)

これらを押さえればOK。詳しくは後の「memo」にあるので、そちらを参考にして下さいね♪

memo

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。

    フォローする