WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

UVレジンの基礎知識と、初心者向けの簡単に作れるレジンアクセサリーの作り方

UVレジンはピアスやイヤリング、ネックレスなど手作りアクセサリー素材として大人気!2液を混ぜて使うクリスタルレジンと違いすぐに硬化するのが特徴です。
道具やパーツなど手芸店や100均で揃うのも簡単にはじめられるポイント♡この記事ではレジンアクセサリーに必要な材料や道具、色々なUVレジンの作り方やレビュー、参考にしたい書籍をご紹介します。*2017/11月100均のUVレジン情報を更新しました。 #レジン #アクセサリー

pariko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.5.25 / 作成:2017.5.25

ハードタイプとソフトタイプとがあります。
容量は4gと、他の100均よりちょっと少なめ。
ソフトタイプは仕上がりが柔らかめに、ハードは硬くなりますので、仕上がりイメージにより使い分けができます。
ハードタイプはソフトタイプに比べると透明度が高めでサラサラしているとの評判も。

他の100均のものと比べてニオイがキツめだという方もいらっしゃるので、気になる方はマスクなどを着用しての作業が無難でしょう。

硬化時間は3分~10分程度と他の100均よりも早いようです(UVライト使用)。
ベタつきも少なくクリア度もいちばん!と仕上がりのクォリティが一番いいと評価する方も少なくありません。液体の注ぎ口も目薬のようなスポイトタイプで使いやすいのですが、垂らすだけで気泡ができやすいです。

セリアのカラーレジン

最近は、色とりどりのカラーレジンの取扱もあり、作品作りにますます汎用性が広がっています。いろんな遊びに挑戦できそうなのが嬉しいですよね♪
セリアのカラーレジンは発色がいいと評判も上々のようです。

ダイソーのUVレジン

ダイソーのUVレジン液は、ハード・ソフト・ラメハードタイプの3種類!
内容量はハードのみ5g。あとはセリアと同様の4gです。
*2017/11月現在の容量

ラメタイプのものは、最初からラメが封入されているので特に初心者さんにはありがたいですよね。気泡が目立ちにくいのも嬉しいです。ただし、ラメタイプのものだけで作品を仕上げようとすると、全体的にラメラメになってクドくなってしまうので、普通のハードタイプのものと併用して作ったほうがよりニュアンスのある作品に仕上がるでしょう。

ニオイについてはダイソーのものがいちばんキツイという意見も・・・
オロナイン軟膏のような容器に入っており、液体の注ぎ口に関しては、セリアのほうに軍配が上がりますが、垂らした時に気泡が出来にくいです。

他の100均レジンと比べて硬化に時間がかかること、ハードタイプは仕上がりにややベタつきが感じられることなどが難点として挙げられますが、使用に差し支えるほどではなく、粘度が低くてサラサラしていることから気泡も抜きやすく、扱いやすいという声もあります。

ダイソーのカラーレジン

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

    フォローする