WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

UVレジンの基礎知識と、初心者向けの簡単に作れるレジンアクセサリーの作り方

#レジン #アクセサリー

pariko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年3月8日更新

空枠(フレームパーツ)などでレジンアクセサリーを作る場合には、底がありませんので、土台を作る準備作業が必要になります。

簡単なのは、裏にマスキングテープを貼ること。パーツの大きさよりテープの幅が狭い場合は重ね張りしても問題ありません。

こうしてできた底にレジン液を薄く流し込んで硬化させ、土台を作ります。

クリアファイルに載せてマスキングテープで固定するやり方も

出典 worktable.jp

こちらは針金を使ってご自分で作られた空枠を、クリアファイルの上にマスキングテープで固定してからレジンを流し込み、土台を作られている例です。
この場合は、枠の内側にマスキングテープが入らないよう注意することが必要です。

フレームがしっかりしていてレジンが底から流れ出す心配がない場合は、マスキングテープで留めなくても大丈夫ですよ。

レジンで初心者向けジュエルペンダントの作り方

セリアのパーツやUVレジンを使って、可愛いジュエルペンダントを作ってみましょう♡

レジンアクセサリー特集もチェックする!

1.レイアウトを決める

出典 worktable.jp

作業に入る前に、大体のレイアウトを決めておくと失敗が少ないです。
クリアファイルに固定した空枠の中に、思い思いのデコパーツを配置してみて、できあがりのイメージを固めます。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

    フォローする