WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

痴漢にきをつけて!!ここが危ない東京の痴漢電車

通勤や通学で利用する電車。痴漢対策は出来ていますか?今回は、痴漢から身を護るためにも、痴漢が多発している東京の路線から時間帯や場所をはじめ、痴漢対策&痴漢に遭遇した時の対応策までをしっかりご紹介します。 #ガールズ #知識

disable
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.9.18 / 作成:2014.9.18

埼京線は痴漢被害が多発する路線という事で有名なので、「埼京線=痴漢電車」というイメージが定着しています。

つまり、「埼京線なら痴漢行為に及ぶことができる」という発想から、同じ環境の路線を比較しても埼京線の方に「痴漢そのもの」が増えるということに繋がっているようですね。


ただし、最大の原因はやはり「混雑」にあるので、「混雑率の高い路線・区間」も把握しておきましょう。

混雑率が高い路線(混雑区間)のワーストランキング

国土交通省が発表した「2016年度の鉄道混雑率データ」を元にワーストランキングをご紹介します。

混雑率のワーストランキング

1位:東京地下鉄東西線【木場~門前仲町】(199%)
2位:JR総武線各駅停車【錦糸町~両国】(198%)
3位:小田急小田原線【世田谷代田~下北沢】(192%)
4位:JR横須賀線【武蔵小杉~西大井】(191%)
5位:JR南武線【武蔵中原~武蔵小杉】(188%)
    &東京都日暮里・舎人ライナー【赤土小学校前~西日暮里】(188%)
これは、全国のJR・私鉄・地下鉄などを対象に調査されたデータなんですが、このように混雑率のワーストランキング上位をはじめ、混雑率150%以上は全て「首都圏の路線」が入っています。

東京で電車を利用するとなると、やはり混雑率が高い環境というのはある程度避けられませんね。そして路線と一緒に把握しておきたいのが、痴漢犯罪の多い「時間帯」です。

痴漢犯罪の多い時間帯

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ