WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

マスクの蒸れ対策に!インナーマスクの作り方&縫わないアイデア3つ付き

#マスク #インナーマスク #防災

みか
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年3月20日更新

「使い捨てマスクを蒸れずに快適に!インナーマスクの作り方」をご紹介しましたがいかがでしたか?
マスクを長時間つけて蒸れてしまった不快感はかなりのものです。女性でしたらメイク崩れも気になります。そんな時はこのインナーマスクを午前中に1枚、昼食後に交換してもう1枚というように使うと、快適に過ごせるのではないでしょうか。
マスクが手放せないこの時期、ぜひインナーマスクを使って清潔で快適なマスク生活を送ってくださいね。

番外編 縫わないインナーマスク

ティッシュ、キッチンペーパー、ガーゼをインナーマスクとして活用できないかと思い、実際に使って比べてみました。

ティッシュ

ポケットティッシュを折り畳んだ状態のまま、マスクの内側にセットして使ってみました。
つけた感じは肌のあたりもよく、息苦しさもありません。いつもバッグに入っていますし、すぐに交換できるという点でも◎です。
でも、マスクをしたまま喋るとティッシュが唇につき口の中に入ってきてしまいました。マスクをして喋る機会の多い方にはおすすめできません。
 

キッチンペーパー

キッチンペーパーをハサミで6等分してマスクの内側にセットして使ってみました。
凹凸があるので肌にあたる感じはさらっとしてますが、厚みのせいか若干の息苦しさを感じました。
喋る時はティッシュのように口の中に入ってくることはありませんでしたが、くしゃみをした後にキッチンペーパーが唇に付くのが気になりました。
カットをする手間はかかりますが、すぐに交換できるのは便利ですね。

 

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • みか

    ハンドメイドと料理が好きです。いつも何かを作っています。

    フォローする