WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

持ち手をちょっと一工夫、初心者の方でも簡単な【グラニーバッグ】の作り方

ぷっくらとした丸い形が目を引く「グラニーバッグ」。
グラニーバッグを手作りしてみたいけれど、持ち手がちょっと難しそう・・と思ってる方へ、お勧めの作り方を紹介します!持ち手をちょっと工夫してみると、簡単に作ることができました。おまけにリバーシブル使用で、4通りの楽しみ方が可能に!
#グラニーバッグ #作り方 #初心者

okoroom
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年8月26日更新

今回紹介するグラニーバッグの特徴は?

その1 持ち手をちょっと一工夫

グラニーバッグを作るうえで、ちょっと難しく思う点は持ち手を付けること。。。 画像の左側はウッドでできた持ち手で、グラニーバッグを作る時によく使用されているものです。 ウッドの持ち手はお洒落だけれど、堅さがあるために縫い付けるのは少しコツが必要です。 そこで、この難しい点を克服するために、持ち手を紐に変えてみました。

その2 表と裏、布を変えてアクセントに!

持ち手を少し簡単にしたので、バッグ本体の布を2種類用意してみました。 表と裏で異なる布を使用することで、アクセントにもなり、楽しみ方も色々と広がります。 そして内布につけるポケットも一工夫、おまけに、使い方も一工夫。 どうぞお楽しみに!

使用した材料と道具

材料

①A4コピー用紙又は同等サイズの用紙   型紙に使用します。 ②紐 長さ70cmを36本   綿と麻が混合した毛糸を使用。   太さはゲージ20〜22目・25〜27段で編み棒が6~8号が対象。   こちらの情報を目安にしてみてください。 ③布 縦37cm横47cmの布を4枚(無地と柄もの2枚ずつ)    縦15cm横20cmの布1枚(ポケット用、柄もの)    

道具

①鉛筆 ②はさみ ③ものさし ④裁縫道具又はミシン ⑤目打ち ⑥アイロン

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • okoroom

    ものづくりが好きです。 いつも何かと作っています。

    フォローする