WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

【刺繍の基本】ロングアンドショートステッチの刺し方とコツ

「ロングアンドショートステッチを、きれいに刺すのはむずかしい」と言う方はたくさんいらっしゃいます。私もそうでした。
「すき間ができる」「サテンステッチとの使い分けがわからない」など、刺しながら迷いが出ることも。
そんなロングアンドショートステッチの基本とコツを解説していきます。 #刺繍 #ステッチ

エダユカ
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年8月5日更新

④最初の短いステッチと同じ穴から針を出し、2段目を刺し進めます。

このとき2段目の糸の長さに、長短はつけません。また、すべて1段目の短い糸と同じ穴から針を出します。

そうすると、1本ずつすき間が開きます。次にここに3段目を刺していきます。
⑤1段目の長いステッチと同じ穴から出し、2段目と同じように長短をつけずに、また、1本ずつのすき間を残して刺していきます。
⑥4段目以降は、④~⑤を繰り返して、刺し進めていきます。

2.先に刺している糸と糸の間に差し入れる刺し方

まずは動画で刺し方を確認しましょう。
こちら、YouTubeから

annas川畑杏奈さんの
【徹底解説!ロング&ショートステッチを上手に刺繍する方法】アンナスの動画でわかる刺繍教室〜annasのQ&A

です。

annnasさんの動画の中でも、このロングアンドショートステッチ解説が、初心者にもわかりやすいかと思います。

それでは、刺し方を説明していきます。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • エダユカ

    40代の主婦です。主婦歴も15年を超えました。ケ セラ セラと毎日楽しく生きることがモットーです♪

    フォローする