WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

【刺繍の基本】ロングアンドショートステッチの刺し方とコツ

「ロングアンドショートステッチを、きれいに刺すのはむずかしい」と言う方はたくさんいらっしゃいます。私もそうでした。
「すき間ができる」「サテンステッチとの使い分けがわからない」など、刺しながら迷いが出ることも。
そんなロングアンドショートステッチの基本とコツを解説していきます。 #刺繍 #ステッチ

エダユカ
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年8月5日更新

ロングアンドショートステッチの刺し方

ロングアンドショートステッチには、刺し方が2種類あります。
  1. 先に刺している糸と同じところに差し入れる刺し方
  2. 先に刺している糸と糸の間に差し入れる刺し方
です。

1.は、刺繍の本などによく載っている刺し方です。同じ穴に差し入れるので、ポコポコとした表情が出ます。

2.は、糸と糸の間に差し入れることで、きれいに面が埋まります。

どちらでも、お好みで刺してください。


ちなみに、初心者には修正もしやすいので、2.での刺し方がおすすめです。

しかし、グラデーションなど、途中で糸の色が変わる図案なら、1.の刺し方が糸を変えやすくおすすめです。

それでは、それぞれの刺し方をご説明いたします。

1.先に刺している糸と同じところに差し入れる刺し方

①玉止めをする代わりに、図案の内側で2~3針刺してから、図案の輪郭に針を出します。この最初の糸は、ステッチを進めていくことで隠れてしまいます。

もちろん玉止めでもかまいません。
②図案の中央から端に向かって、長いステッチと短いステッチを交互に刺し進めていきます

長いステッチは1cm程度。短いステッチも0.6~0.8㎝程の長さにしましょう。
③図案の端まで来たら、裏にわたっている糸に針をくぐらせて、最初に位置に戻り、1段目の残り半分を刺します。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • エダユカ

    40代の主婦です。主婦歴も15年を超えました。ケ セラ セラと毎日楽しく生きることがモットーです♪

    フォローする