WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

痩せるだけじゃない!健康・美肌・便秘解消効果が期待できるキャベツダイエットとは

#ダイエット #健康

melon7
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年6月23日更新

優れた抗酸化作用により肌の糖化を防ぎ、くすみやたるみの改善に役立ちます。
また、活性酸素を分解して、ニキビの炎症をおさえてくれるのです。

さらに、メラニンの生成・沈着を防ぎ、白く美しい肌を作るとともに、
コラーゲンの生成を促すことで肌のハリをキープし、シワを防ぎます。

加えて、鉄分の吸収をサポートしてくれるので、貧血の予防はもちろん、疲労回復や目の下のクマの軽減にも役立ちます。

そのほかにも、たくさんの栄養素があります

〈ビタミンU〉 「キャベジン」とも呼ばれ、胃腸の調子を整える。
〈ビタミンK〉 骨を強くする。
〈カルシウム〉 骨の健康を守り、イライラを緩和する。
〈カリウム〉 体内の余分な塩分を排出し、高血圧の予防やむくみを解消する。
〈ベータカロチン〉 皮膚や粘膜、目の健康を守る。
〈葉酸〉 血液作りやおなかの赤ちゃんの発育をサポートする。


など、キャベツには私たちの美容と健康を助けてくれる栄養がたっぷり含まれているのです。

キャベツダイエットの基本レシピ


1. キャベツ1/6個(約200g)を5cm角くらいのざく切りにします。
 
よく噛んでゆっくり食べることで、血糖値の上昇をおさえ、満腹感を得ることができるので、やや大きめがおススメです。
面倒なときは、手でちぎっても十分おいしくいただけます。
   

 

2. ドレッシングはお好みのものでOK。

カロリーをおさえるならノンオイルドレッシングですが、キャベツには脂溶性のビタミンも含まれるので、オイルと一緒に食べると、より多くのビタミンを摂取する事ができます。
このときのオイルはオリーブオイルや亜麻仁油、えごま油など、良質なオイルがあればベストですが、あまりこだわり過ぎずに、その時々で好きな味を選択するのも長続きする秘訣です。

3つの食べ方

1. 夕食前に10分くらいかけて食べる。その後はいつも通りの食事。


これは、一日一食キャベツをプラスするだけなので、ストレスが一番少ない方法です。


2. 朝・昼・晩の食前に10分くらいかけて食べる。その後はいつも通りの食事

こちらは、飽きずに続けられれば、①よりも効果が早く表れる方が多いようです。


 

3. 夕食の炭水化物と置き換える。


短期間に結果を出したい、緊急事態の方はこちらがおススメです。
ただ、炭水化物も私たちの体に必要な栄養素なので、極端に減らさないように、置き換えは一日一食までにおさえましょう。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • melon7

    読むこと、書くこと、つくることが大好きな、A型の獅子座です。

    フォローする