WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

チェーンステッチができる!初心者さんに刺し方とコツを解説

チェーンステッチは、きれいに刺すのが難しいですよね。
しかし、太いラインが刺繍でき、出番の多いステッチです。
そこで、輪を揃える方法などの、きれいに刺すコツなどをお伝えします。
また、ステッチを終わるときは?角の刺し方は?などの疑問にも、お答えしたいと思います。 #チェーンステッチ #刺繍

エダユカ
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年7月8日更新

チェーンステッチとは輪をつなげたステッチです

チェーンステッチとは、小さな輪をつなげたステッチです。太めのしっかりしたラインや輪郭が表現でき、出番の多いステッチです。

輪のサイズを揃える輪をふっくらさせると、きれいに見えます。

連続で面を埋める、チェーン フィリング ステッチ以外にも、オープン チェーン ステッチ、ツイステッド チェーン ステッチ、ケーブル チェーン ステッチなど、応用も多いステッチです。

まずは、基本のステッチからマスターしましょう。
 

チェーンステッチの刺し方とコツ

チェーンステッチの刺し方を動画で確認

チェーンステッチの刺し方を、まずは動画で確認してみましょう。

こちら、YouTubeから

ネコジロウTVさん
チェーンステッチ|刺しゅうの基本

です。

初心者でも、分かりやすいように解説されています。

チェーンステッチの刺し方とコツ

①から針を出し、①と同じ②に針を入れ、1目分先の③から針を出します。

針を半分くらい出したら、そこに糸をかけます。

この時、糸をかける方向一定にしましょう。右からかけたり、左からかけたりと、バラバラにすると仕上がりが悪くなります。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • エダユカ

    40代の主婦です。主婦歴も15年を超えました。ケ セラ セラと毎日楽しく生きることがモットーです♪

    フォローする