WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

浴衣や和装のアクセントに♪折り紙ピアスをレジン無しでつくってみよう

誰もが子供の頃遊んだことのある折り紙を使って作るアクセサリーが流行っていますね。レジンを使ったものが主流ですが、レジンだと紙に沁みてしまったり、垂れてしまったりとコツを掴むまでなかなか難しいようです。今回は、レジンを使わずニスで折り紙をコーティングする方法をご紹介します。 #折り紙 #ピアス

lonlon
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.8.4 / 作成:2018.8.3

材料と道具

<材料>
  • 好きな折り紙
    最近はダイソーやSeriaでもとてもかわいい柄や和柄の折り紙がたくさん販売されていますね。
    折り紙コーナーへ行くとついつい手が伸びていろんな種類の折り紙が手元にあるようになってしまいました。
    今回はダイソーさんで見かけた和柄の千代紙を使用しました。
  • ビーズ
    そのままでもかわいいですが、仕上げにビーズを使うさらに素敵になります。
  • 水性ニス
    今回はSeriaで販売されている水性ニスを使用しましたが、おすすめはウルトラバーニッシュ スーパーグロスです。
  • Tピン
  • 9ピン
    両三角錐の角からのすっぽ抜けを防ぐため9ピンにビーズを入れて芯にします。
  • ピアス金具
  • 丸カン

<道具>

  • 紙にピンを通す前に刺して穴を開けます。
  • 爪楊枝
    小さい折り紙での作業ですので紙を差し込んだり、細かい作業のときに使います。
  • ミニペンチ

折り紙ピアスの作り方

折り紙ピアスを作る時には基本的に15cm角の折り紙の1/16のサイズのものを使用します。
まずは折り紙を1/4にカットし、さらに1/4にカットします。これで1/16のサイズの折り紙が出来上がります。
ユニット折り紙の丸型のくす玉を作る場合は1/16の折り紙をさらに1/4にカットしたものを使用すると、上の写真のサイズのくす玉になります。ただし、ものすごく小さいので取りかかるには覚悟が必要です。(通常の折り紙の1/64のサイズになります)
鶴の折り方は一度は折ったことがあるかと思います。少し小さい折り紙で作るので細かいところが折りにくいかもしれませんが、爪楊枝で支えたりしごいたりするときれいに折り目を付けることができますよ♪

ここからは、ユニット折り紙の両三角錐の折り方をご紹介します。
ユニット折り紙というのは、基本のパーツをいくつか組み合わせて立体的な形にする折り紙のことを言います。
  1. 折り紙を半分に折って広げ、真ん中の折り目まで両端を折りこみます。
  1. 上の部分を広げ、下部分の右下の角を折り目に沿って折ります。
  1. 広げていた上部を戻し、左上の角を中心に向かっており、下の折り目に差し込みます。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • lonlon

    樹脂粘土とビーズを中心に色々と作っています。

    フォローする