WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

浴衣にピッタリ♪樹脂粘土のふわふわフラワーのヘアアクセサリー

もうすぐ夏休みですね。
花火大会や夏祭りなどで浴衣を着る機会が増える季節です。
着るだけで女子力アップの浴衣にピッタリのヘアアクセサリーを自分好みに作ってみませんか?
注目度もグンとアップするかもしれませんよ♪ #樹脂粘土 #ヘアピン #花

2018.7.7

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.7.7 / 作成:2018.7.7

ふわふわフラワーのヘアアクセサリー

ふわふわフラワーって??

ふわふわフラワーってなに?
と思われた方、たくさんいらっしゃると思います。
私が正式なお花の名前がわからないのでずっとふわふわフラワーと呼んでいるのですが、ヘアアクセサリーのコーナーに行くとよく見るお花です。

お花の中心にパールを仕込んでスリーピン(パッチンどめ)に仕上げました。
 

作り方

材料と道具

<材料>
  • 樹脂粘土
    今回は手持ちのグレイスという粘土を使いましたが量的にもダイソーの樹脂粘土で十分です。
  • 絵の具(お好きな色)
    写真では少し色が濃くなってしまっていますが、今回はアイスのチョコミントのような色合いの絵の具をチョイスしてみました
  • ボンド
    木工用ボンドではなく、多用途の金属にも接着できるものを選んでください。
    一本で様々な素材同士をくっつける「セメダインスーパーSU」がおすすめです。
    いろんなハンドメイドやDIYの場で活躍してくれます。
  • ビーズ
    花の中心になります。さほど大きすぎない4~6mm程度のものを使用しました。
  • スリーピン(ぱっちんどめ本体)
    ダイソーで見かけた一番大きなものを使用しました。5cmくらいの大きさです。
  • ニス(なければクリアのマニキュアでも代用可)

<使用する道具>
  • まゆげカット用のはさみ
    100均で売っていたものを長年使用しています。粘土の細かい細工にちょうどいいサイズです。
    なければ普通のはさみやカッターで代用してください。
    今回は花びらをつくるための切込みを入れるのに使用します。
  • つまようじ
    薄くした粘土をさらに薄く伸ばしてフリルを作るために使います。
  • 計量スプーン
    粘土の量を計るのに使用します。
    今回は1/3の小さなスプーンです。
    ダイソーのセット販売もので大きいものから小さいものまでたくさん入っていて粘土細工をするには1セット買っておくと重宝します。
  • 綿棒または細い筆
    ニスを塗るのに使用します。

作り方

  1. 粘土を適量取り出し、計量スプーンに詰め込みます。
    量が多くてはみ出した分は指で擦り切ります。
     
  2. 計量が終わった粘土をスプーンから取り外し、よくこねます。
    こねる途中で爪楊枝の先に少しだけ絵の具をつけて粘土に色を混ぜ込み、最終的に球体にまとめます。
    ※樹脂粘土は乾くと少し色が濃くなりますので、薄い色に仕上げたい場合はほんのちょっとずつ様子を見ながら絵の具を足していってください。薄いかな?と思う程度でも乾燥するとちょうどよくなります。
    ※ここで横着して絵の具のチューブの口から直接粘土へ混ぜ込むと後悔します。
  1. 作った球体の上を少し平らにし、爪楊枝で1/2に割ります。
    1/2の粘土は一番大きな花びらになります。
    残った1/2はさらに1/3と2/3に割ります。
     
  2. 割った粘土をそれぞれ丸めます。
  1. 大中小の粘土玉を平らにつぶして厚さを1mm~2mm程度にします。
    この時、上にラップなどをかぶせてから平らなもの(瓶の底とか)でぎゅーっと押すと均等に平らにすることができます。
  1. 薄く伸ばした粘土の外側から1/2くらいまではさみで切れ目を入れていきます。
    ざっくりで問題ないので、6か所にはさみを入れます。
  1. 爪楊枝を使ってはなびらをさらに薄く伸ばしていきます。
    つま先のとがっているほうは粘土の中心に向けて、持ち手の部分を押し付けるようにしながら粘土の上でコロコロと左右に爪楊枝を転がすと粘土が伸びてフリルがついていきます。
    この時切れ目単位で作業をするとフリルがきれいに出ます。
    切れ目がつぶれてしまっても気にしなくて大丈夫です。
    恐る恐る転がすより思いっきり転がしたほうがきれいに仕上がります。

    ※余談ですが、フェイクフード制作の際、この方法でハンバーガーなどに挟むレタスを作ります。
全部にフリルをつけるとこのようになります。
ここから小→大と3枚重ねていきます。
  1. 一番小さい花びらの中心に少し多めのボンドをつけてビーズを固定します。
    固定した後、平らになっている花びらを外側から少しずつ持ち上げていきます。
    重なりが出る部分もありますが、隙間なくくっついてしまうのでなければ問題ないです。
    最終的に写真のような小さなお椀のような形にします。
  1. 中くらいのサイズ花びら中央にボンドをつけて、1枚目の花びらをのせて固定します。
    1枚目と同様に外側から持ち上げて立体的にしていきます。(下2枚目参照)
    この時のカーブは1枚目の花びらほどきつくつける必要はありません。
    1枚目と2枚目の花びらに隙間を残しふんわりとするにとどめてください。
  2. 一番大きなサイズの花びらも同様にボンドをつけて9で作った合体ものをのせて固定します。
一番大きな花びらはほとんど持ち上げることができないと思いますが、フリルの状態を整えてあげると仕上がりがいいです。

乾燥して固まったらニスを塗ってスリーピンにボンドで固定して出来上がりです。
<参考にもう一種類>
もう一つボリュームをアップさせたものの作り方もご紹介します。
基本的な作り方は1~10と同じですが、ビーズの下にもう一段小さな花びらを入れてみます。
  1. 5㎜程の小さめの粘土玉を用意します。
  2. 涙型に形を整えて大きいほうをはさみで4つに切れ目を入れます
  1. 切れ目の中心に爪楊枝を刺し、花びらを広げていきます(写真右下)
    4つの花びらをもつ小花が出来上がりました。
  2. 裏返してとんがっている部分を切り取ります
  3. 1枚目の中央にボンドで固定し、4つの花びらの中心にビーズを固定した後は先に紹介した方法で形を整えて完成です。
出来上がり♪

いかがでしたか?
今回は一色で仕上げましたが、花びらの色を小→大と少しずつ薄く作るとまた感じが違ったものに仕上がりますし、数種類のピンを作ってつけると頭にブーケがついているように見えてとても華やかになるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
 

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • lonlon

    樹脂粘土とビーズを中心に色々と作っています。