WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

100均DIY☆ディスプレイボックスでハーバリウム風ボトルをライトアップさせよう

今回は、話題のハーバリウム風ボトルを、ライトアップして飾ることの出来るボックスを作ります。難しい工程なしで、手軽な工作感覚で出来る簡単な作り方なので、お子さんとも楽しめますよ♪ #雑貨 #100均

2018.7.5

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.7.5 / 作成:2018.7.5

材料・道具

<材料>
インテリア木製ウォールボックス(セリア)1個
アルミ製PET容器(約20ml.3個セット)(ダイソー)1セット
タッチライト(ダイソー)1個
クリアファイル(セリア等)1枚
プラバン(セリア)1枚
ダンボール1枚
プリントペーパー(折り紙)(Wood)(ダイソー)1枚
アーティフィシャルフラワー(お好みで。)(セリア)3種類

<道具>
はさみ
両面テープ(またはのり)

①PET容器に好みのアーティフィシャルフラワーを入れる

今回は容器に入れるだけ☆の簡単ハーバリウムを作ります。お好みのアーティフィシャルフラワーを容器の高さに合わせてカットし、中に入れ蓋をします。

出来上がり画像

今回は{ラベンダー、ミモザ、ミモザの葉}を使いました。自分の好みに作れるので、花や葉に限らず、秋らしく木の実などを入れても楽しいですね♪

②ライトアップの台を作る

①プラバンをカットする

※今回使用したボックスの内側は横約12.9㎝×奥行約5.9㎝です。

ボックスの内側に合わせて、台を作ります。
まずプラバンを横12(出来れば約12.3)㎝×縦5㎝の横長の形にカットします。1枚でも大丈夫ですが、2枚あったほうが強度が増し、台にしたときにしっかりとした仕上がりになります。お好みで。

②クリアファイルをカットする

次にライトに被せるコの字型の台を作っていきます。
まずクリアファイルを【2枚重なった状態で】横18.5㎝×縦5.5㎝の横長にカットします。

*ポイント*
クリアファイルに線を引くときは、油性のマジックが便利。線が分かりやすく、カットの作業がラクですよ♪

③②に①を入れ、台に仕上げる

コの字型の台を仕上げます。

①クリアファイルの両端をそれぞれ3㎝折ります。
②カットしたクリアファイルに①を(お好みで2枚)入れます。出来れば、入れ口の部分を端ギリギリのところでホチキス等で留めておくとグラグラせず、仕上がりがキレイですよ♪

③前面のカバーを作る

《A》折り紙でカバーを作る

①ダンボールを横12.5cm×縦3㎝の横長の形にカットします。
②折り紙の端に両面テープ等を使い、中心の位置にダンボールを貼り付けます。
③そのままクルクルと巻いて、巻いた端は両面テープ等で貼り付けておきます。
両端の紙の重なった部分を貼り付けておくと、強度も増し見た目もきれいに仕上がります。
④ダンボールの入っていない両端の部分を折り、全体をコの字に仕上げます(画像は後を参照)

仕上がりの画像

ウッド柄の折り紙とダンボールで、手軽に前面カバーを作ることが出来ました。この方法なら、小さなお子さんでも一緒に作ることができます。ライトアップ用のカバーに挟むだけでOK。今回はウッド柄で制作していますが、折り紙ならたくさんの種類があるので、雰囲気を変えたくなったら気軽に取り変えることも出来そうですね♪

《B》木製のカバーを作る

☆材料

※折り紙の手軽素材でなく、しっかりとした木製のカバーを作ります。こちらは工具を使い少々力が必要なので、大人の人が作業しましょう。

インテリア木製フック5連(セリア製)を用意します。裏側についている金具は、ドライバー等であらかじめ外しておきます。

①フック部分を抜く

堅めにフックが入っています。ラジオペンチ等を使い、回すようにしてフック部分を抜き取ります。

②両面テープまたは接着剤をつけ、貼り付ける

フックの板の幅等に合わせて、ボックスに両面テープまたは接着剤をつけ、板を貼り付けます。接着剤使用の場合は、しっかりと乾燥させます。

仕上がりの画像

このようになります。

画像は中にライトを入れて、ライト用のカバーを被せたものです。
クリアファイルで出来ているので柔軟性があり、ライトを入れた画像の状態でもスイッチのオンオフが出来るようになっています。

④完成です☆

話題のハーバリウム風のディスプレイボックスが完成しました。今回はアーティフィシャルフラワーの花や葉を使い、液体を使わず手軽なハーバリウムを作りましたが、お好みで本格的な物や、秋色の植物で作るのもいいですね♪お部屋の雰囲気に合わせて、作ってみて下さい☆

☆ライトアップした画像

ライトアップさせると、昼のナチュラルな雰囲気に加えて、花や葉の美しさが更に加わります。液体が入らないものでも、十分雰囲気を楽しめそうですね♪だんだんと近づく秋の夜長、気軽に楽しめるDIYで秋の大人時間を愉しんでみるのも。是非作って、素敵なひとときをお過ごし下さい☆

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。