WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

「マスキングテープ」でリメイク☆メイソンジャーでオシャレ雑貨を作ってみよう♪

今回はマスキングテープを使い、メイソンジャーを簡単でオシャレに変身させるリメイク術のご紹介です。買ってはみたものの、意外に使い道に悩むメイソンジャーとマステ。今回は、簡単なリメイク法から、ちょっとユニークな方法までをご紹介。ぜひお好みに合わせて、自由に楽しんでみて下さいね♪ #メイソンジャー #リメイク #マスキングテープ

2018.7.3

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.7.3 / 作成:2018.7.2

【材料・道具】

材料

  • メイソンジャー(今回はセリアのもの。PETタイプ。広口)
  • マスキングテープ(数はお好みで♪)

道具

  • はさみ

①マスキングテープを貼る

まずはカンタンなものにトライしてみましょう。メイソンジャーは真ん中に文字があるので、その部分を除いて貼っていきます。

②文字の前でカットする

文字以外の貼り終わりは、ビンの側面の目立ちにくい場所がベスト。文字の部分は、少し離して垂直になるようにカットします。

③完成です☆

基本のリメイクが出来上がりました。一周ぐるりとマステを巻いただけなのに、カワイイ印象♡作った後は、そのままマステを収納できるので、お子さんと一緒に作ればお片付けもはかどりそう。マステなら貼り直しも簡単なので、気軽に挑戦できます。マステの本数が少なくても、貼り方次第で全体の印象を変えて楽しむことも出来ますよ♪お好みに合わせて、いろいろなアレンジを楽しんでみて下さいね。

アレンジ☆

A.基本にプラスして♪

こちらは基本のものに、さらに細めのマステで全体を貼ったもの。細めのマステが入ると、「動き」が生まれてオシャレな印象に。柄のマステを使う時は1本だけにするのがポイント。さらに、柄の中に使用しているマステの色が含まれていると、全体としてまとまりが出るので上手に仕上がりやすいですよ♪

B.同じマステを使って別の印象に☆

こちらはAのマステと同じもの使ってリメイクしたもの。斜め平行ではなく、細めのカタカタの「ハ」を意識して貼るのがポイント。細いマステを2本にして幅を出したり、太目のものと合わせて使ってみたり。画像では分かりづらいですが、どの角度でも4種類の色が出るようになっています。今度はどの方向で貼ろうかな♪と楽しくなる貼り方です。

C.メインの色を決めて♪

こちらは同じ平行の貼り方でも、メインの色を決めた貼り方。基本幅のライム色をメインに、涼しげなイメージで。デコパージュ液などでコーティングすれば、手作りドリンクなどを入れても美味しく感じそう。上から4番目の色は、実は「作った色」。上から3番目の色と5番目の色を重ねた色です。絵の具のように、重ねて色を楽しめるのもマステの楽しい使い方。好みの色がない場合は、こんな風に自分で作ってしまうのも楽しいですよ♪

D.重ねて楽しむ

重ねる模様と言えば、チェックや格子柄などが代表的。こちらは、ちょっと遊び心を持って自由に重ねてみたもの。規則的に色を並べるのではなく、柄を入れてみたり、交差させる側の色も順番を変えてみたり。正面と裏に文字があるので、文字の周りに明るい色がくるようにグラデーションで貼ってみました。透明なので、透けて見える模様がまた楽しい☆メイソンジャーならではの楽しみ方です♪

ポイント

今回のポイントは「マステの種類」です。マステには、よく使われている15mm幅のタイプがありますが、リメイクなどデコレーションに使う時は、5㎜幅など細めの物があると便利。アレンジのように、15mmのものと組み合わせたり、2本で使ってみたりとアレンジの幅が拡がります。100均などでも2本組で売っており、種類が豊富なところも魅力。今回のように、細めのものと組み合わせメイソンジャーの透明部分を残して貼れば、涼しげな印象で仕上げることもできます。
そういえば、マステも活用できてないな…。そんな時はオシャレなメイソンジャーと合わせて、リメイク材料にしてしまいましょう。もしかしたら、いつもと違う「新たな魅力」を発見できるかもしれませんよ♡簡単なので、ぜひお子さんとも楽しんでみて下さいね♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。