WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

スワロフスキーとカットビーズで作る大人の紫陽花ノンホールピアスの作り方【100均】

今回は、輝きの美しいスワロフスキーとカットビーズを使って、大人女性に似合う紫陽花ピアスを作っていきます。スワロフスキーの台には平ロンデルを使い、横からもキラキラ光る造りになっています。そしてポイントは、スワロフスキーの並べ方。ここを丁寧に作業していくと、仕上がりに差が出ます♪ #スワロフスキー #ノンホールピアス

2018.7.2

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.7.2 / 作成:2018.7.2

材料・道具

<材料>
ボタンカットビーズ(青系)(ダイソー)4粒
ジュエリーストーン(スワロフスキー。ライトサファイア)大4粒小2粒
平ロンデル(金。5㎜)(ダイソー)2個
樹脂ノンホールピアス(石座タイプ)(ダイソー)1セット
ボールチップ(金)(ダイソー)2個
9ピン(ダイソー)2本
レジン液(セリア)1本
紫陽花の花びら(造花)(セリア)2枚
デコパージュ液(花びらを強化する場合)(セリア)1個

<道具>
平やっとこ(100均で購入可)
丸やっとこ(100均で購入可)
ニッパー(100均で購入可)
竹串または爪楊枝
マスキングテープ(100均で購入可)
クリアファイル(100均で購入可)
平筆(花びらを強化する場合)

☆下準備

UVライト、もしくはLEDライトでレジンを硬化させるために、クリアファイルをライトの中に入るくらいの大きさにカットします。マスキングテープの粘着面を上にしてファイルに貼って準備しておきます。

※今回使用のセリア製のレジン液はLEDライトも対応可です。レジン液にはUVライトと太陽光のみ対応のものもあるので、パッケージなどで確認しましょう。

①花びらをデコパージュし強化する

紫陽花の花びらをデコパージュ液で両面塗っていきます。強化することで、花びらの繊維がほぐれ、ボロボロになってしまうことを防いでくれます。
出来れば行っておくと、使用する際も心配が少なくなります。

②ボールチップをカットする

今回は、100均の金具で工夫して花びらをまとめていきます。ボールチップの輪の部分を丁寧にカットします。カットした後の角で怪我をしないよう、あればやすりなどで角を削っておきましょう。

③平ロンデルにレジンを塗り隙間を埋める

※平ロンデルにはビーズを通すための穴があります。今回は使用しないのでレジンで埋めておきます。

用意したマスキングテープの上に平ロンデルを置き、レジン液で丁寧に埋めていきます。

④UVライト、LEDライト、もしくは太陽光で硬化する

レジンの厚さやタイプによっては硬化時間が変わってきます。硬化時間をパッケージで確認しておきましょう。

⑤ピアス金具をのせ、同じく硬化させる

穴が埋まったら、レジン液を少量塗った上にノンホールピアスを乗せ、同じく硬化させます。

※ダイソー製の樹脂ノンホールピアスには石座の下に、丸カンを通す小さな輪がついています。その部分を一緒につけてしまわないように気を付けましょう。

⑥ノンホールピアスの表面にレジン液を塗る

平ロンデル付きのノンホールピアスに、竹串などを使いレジンを丁寧に塗っていきます。

※画像のように洗濯ばさみなどでピアスを挟み、固定させてから作業を行うとやり易いですよ♪

⑦スワロフスキーをピアス表面に乗せる

ロンデルの表面に、スワロフスキーを乗せていきます。

*ポイント*
ダイソーのスワロフスキー(ジュエリーストーン)には、9個のスワロフスキーが入っています。よく見ると大小あり、大は4個小が5個入っています。画像のように大を2個上に並べ、小を1個下に並べます。このようにすると光が集まりやすく、数は少なくても1セット分で十分キレイに仕上がります。

⑧UVライト、LEDライト、もしくは太陽光で硬化する

同じく、硬化させます

⑨花びらをたたむ

画像のように花びらをたたんでいきましょう。

①まず半分に折り、大き目の花びらを合わせます。

②次に小さめの花びらを重ねるように折りたたんでいきます。

③最後に一番小さい花びらを乗せるように折ります。

⑩たたんだ花びらに9ピンを差し込む

画像のように一番下の花びらの上に9ピンを置き、そのままピンを差し込みます。

⑪ボールチップをかぶせ、はさむ

②で用意したボールチップを9ピンに通し、花びらの先端で止め挟みます。

⑫カットビーズを通す

※写真右は見本です

画像のようにカットビーズを下から通します。

⑬9ピンの先端を曲げる

今回は【9ピンの先端を】7~8mm前後曲げます。向かって右側は仕上がり時、正面になる花びらです。こちらの方向にピンがいくように90度に曲げましょう。

*ポイント*
画像は分かりやすいように横向きで撮影しています。9ピンの輪を利用してピアスの丸カン部分に通すようにしたいため、画像のように花びらに対し垂直方向に曲げていきます。

⑭丸やっとこを使い、ピンを丸める

丸やっとこを使い、9ピンの先端を掴んだら、手首を返すようにして丸めていきます。
※ラジオペンチで行う場合は、セロテープを薄く巻き付けて、同じように手首を返しながらゆっくりと曲げていくと、似たような感じに仕上がりますよ♪

⑮9ピンの輪を開く

9ピンの輪を開きます。真ん中に映っている9ピンの輪を右の丸カンのように前後に開きましょう。(左の丸カンは左右に開いてしまった例です。)

⑯輪にピアスの丸カン部分を通し、仕上げる

ピンの先端をピアスの丸カン部分に通し、ピンの輪を閉じます。

⑰完成です☆

スワロフスキーとカットビーズがキラキラ光る、大人の紫陽花ピアスが完成しました。今回は100均のスワロフスキーとカットビーズを使用しましたが、100均とは思えない上品な輝きです。横から見た時もロンデルのストーンがキラリと光り、どの角度から見ても抜かりなし♡さり気なく品良く揺れるところも大人の印象。ライトに当たるとよりキレイなので、夜のお出掛けなどにもピッタリです。夏のイベントも楽しくなりそうですね♪是非作ってみて下さい☆

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。