WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

大人可愛い♪ひし形ヒンメリピアスの作り方

フィンランドの伝統品ヒンメリを、アクセサリーモチーフに。夏のコーディネートに合うように、涼しげなお色のビーズで編みました。ツイストビーズの白と青を使って、大人可愛い仕上がりを目指しましょう♪キラキラと輝く青のビーズがアクセントになります。この夏のハンドメイドは、おしゃれなひし形ヒンメリピアスに決まり! #ヒンメリ #ピアス

2018.7.6

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.7.6 / 作成:2018.7.2

今回作るヒンメリピアスです。

今回作るのは、ひし形のヒンメリピアスです。ホワイト&ブルーの夏カラーにしました。

ひし形ヒンメリピアスの作り方

使った材料&道具です。

今回使った材料は、大ツイストビーズ白×6、小ツイストビーズ青×3、丸正白ビーズ×3、縦長白ビーズ×1、ピアスフックとTピンです。テグスは交差させる部分が多いので、ビーズの穴のサイズに合わせて選びましょう。道具は、アクセサリー用のペンチを使っています。

テグスを60cmに切って、ひし形になるようにツイストビーズを編んでいきます。先ずは、ツイスト白→丸小→ツイスト白→ツイスト青の順に通します。最後にツイスト白にテグスのもう片方の端を交差させるように通して下さい。

テグスをきゅっと締めると縦長三角形が出来ます。丸小ビーズは頂点の部分になります。

縦長三角形が出来たら、頂点になる方のテグスに丸小ビーズを通して下さい。底辺側のテグスにはツイスト青→ツイスト白の順に通します。

これで二つの縦長三角形が繋がりました。

頂点に出ているテグスには丸小ビーズを通して、矢印の方向にテグスを上のツイスト白に戻し通します(赤の線で記してあります)。 底辺に出ているテグスには、ツイスト青を通して下さい。

平面にすると、このような形になります。

左側のツイスト白から出ているテグスは、矢印の方向にツイスト青の下側から交差させるように通します(赤い線で記しています)。

テグスを引き締めると立体的になり、ひし形の上半分が完成です。頂点の部分には、丸小ビーズが3つ揃っていますか?

テグスにツイスト白を二つ通して下さい。二つ目に通したビーズには、もう片方のテグスを交差させるように通しましょう。

テグスを引き締めると、このような状態になります。

下のツイスト白から出ているテグスを、矢印の方向にツイスト青に戻し通します(青の線で記しています)。

そのテグスにツイスト白を通します。

ひし形下側の縦長三角形から出ているテグスを、矢印の方向にツイスト白に交差させるように通しましょう。

テグスを引き締めていくと、このような状態になります。頂点から出ていたテグスを矢印の方向に、ツイスト白→ツイスト青に戻し通してもう片方のテグスと結び付けます(赤い線で記しています)。

ヒンメリモチーフにTピンを通します。

最後のテグスの処理は2回結んで、ビーズ2、3個に通して切ります。これでツイストビーズのひし形モチーフが完成しました!次は、モチーフをピアスフックに連結させましょう。Tピンには、縦長ビーズを通しておきます。

頂点に揃えた3つの丸小ビーズがストッパーになるので、縦長ビーズを通したTピンを下側から入れて下さい。

ピアス金具と繋げる為の輪っかを作るので、カッティングペンチでTピンの先を少し切りましょう。

ペンチで少しずつ丸くなるように曲げていき輪を作ります。

最後は程良く力を入れてきゅっと締めましょう。

ひし形ヒンメリピアスの完成です!

Tピンの輪をピアスフックに取り付けて完成です!縦長のビーズは画像で解りやすいように大きめのサイズにしています。お好みで調整して下さいね。もう片方のピアスも同じように作りましょう。

まとめ

ツイストビーズのお色はお好みで♪最後のTピンに通すビーズは、大きめサイズでデザイン性があるものにしても◎。ビーズにテグスを交差させる場所に注意して編んでいきましょう。ビーズ編みのコツを掴んで、色々なヒンメリデザインに挑戦してみて下さい。立体的デザインが個性的で、夏にピッタリな仕上がりに!

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • きゃらめる

    インテリアやハンドメイドが好きなので、自分の感じたことが伝わるようにライティングしていきたいです。