WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

麻ひもで簡単☆「網目」がオシャレなメイソンジャーリメイク♪

今回は100均の麻ひもを使って、メイソンジャーをオシャレにリメイクします。「網」を編むって難しそう?大丈夫!意外にカンタンな方法で編めてしまいますよ♪お子さんの海遊びグッズとしても使える方法や、大人っぽくアレンジする方法などもご紹介。簡単なのでぜひトライしてみて下さいね♪ #メイソンジャー #麻紐 #リメイク

2018.6.29

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.6.29 / 作成:2018.6.29

【材料・道具】

材料

  • メイソンジャー(今回はセリアのPETタイプ)
  • 麻ひも

道具

  • はさみ

①瓶の口にあわせて紐をカットする

瓶の口に合わせ、ひと巻き出来るくらいの長さで紐をカットします。

②長い紐を10本用意する

長さ80㎝~90㎝程度の紐を10本用意します。

③①に結び付ける

まず半分に折った②の紐を置き、画像のように①の紐を横にして置きます。

上の部分を画像のように手前に倒したあと、真ん中の2本の紐を輪にくぐらすように手前に引き上げます。

ゆっくりと引き締めれば結び上がりです。

④同様にして結び付ける

同じように10本を結び付けます。

⑤瓶の口に結び付ける

出来上がったものを瓶の口に巻き付け、しっかり結んだら余分な紐はカットします。

巻き付けた後は、それぞれの間が均等になるように調整します。

⑥全体を編む

まず、結んだ2か所のひもの左右それぞれを1本ずつ取ります。

紐で「わ」を作ります。

「わ」をくぐらせるようにして、紐を引き抜きます。

結び目が一つできました。

次は隣の2本を同様に編みます。このようにして全体を編んでいき、一段編めたら同様にして次の段を編み、瓶の底まで編んでいきます。

底まで編んだところです。

⑦編み終わり

別の紐で、瓶の底より小さい大きさで輪を作っておきます。

※分かりやすいように編んだ部分を下げて撮影しています。

作った輪に編み終わりの紐を結び付けます。同様にして、残りを輪に結んでいきます。

全部結んだところです。この後は余分な紐をはさみでカットしておきます。結び目がほどけないように、接着剤を付けておくと◎。

全体が編めました。このままでもOK。さらに瓶の口に紐を巻き付ければ、さらにオシャレに♪

⑧完成です☆

麻ひもをシンプルに結んでいっただけで、「網目」模様のオシャレなメイソンジャーが完成しました。網目からさりげなく見える文字がオシャレ。グリーンを入れれば鮮やかな緑が映えて、それだけで爽やかな印象。メイソンジャーの透明感と合わせて、涼やかな雰囲気を作ってくれそうですね♪

アレンジ☆

作ったメイソンジャーを使って、海でも遊べるお子さんのオシャレバケツを作ってみましょう。

【材料・道具】
・リメイクしたメイソンジャー
・麻ひも
・はさみ
・接着剤(あるとベスト)

①50~60㎝程度の紐を3本用意し、半分に折る。
②折った部分を1cmくらい残して結び目を作り、2本どりで三つ編みをする。
③お好みの長さまで編み、別紐で結ぶ。
④3本を画像のように三つ編みの裏でループ状に折り、根元をまとめるように残りの3本を巻き付ける。
⑤別糸を数回巻き付け、余分な紐はカットする。結び目はほどけやすいので、接着剤でしっかり固定しておくのがおススメ。

⑥別の紐で瓶の口にハンドルを巻き付けていく。ループを利用しながら、画像のように交差させながら上下に紐を通し、次の段は前段と逆の位置で紐をループに通す。
⑦ハンドルがしっかり固定されるまで、数回巻き付けていく。

アレンジの完成♪

お子さんとの海遊びにも使えるオシャレバケツが完成しました。海に持って行っておもちゃ入れにしても、拾った貝殻を入れてもよし♡遊んだ後は、飾ることもできるので一石二鳥ですね♪

大人っぽく仕上げてみましょう♪

こちらは、セリアのガラス製メイソンジャーに色を付けて編んだもの。モロッコランタンをイメージして真ん中を開けて編んでみました。ちょっと変えただけなのに、ずいぶん雰囲気が変わります。

①1段目をやや短めに結び、少し長めにして2段目。3段目は基本と同じくらいで結ぶ。
②4段目は結び目からでる2本の紐のまま、5~6㎝残して結ぶ。
③その後は同様にして仕上げ、ハンドルを付けて、ヒトデなど飾りをつけ完成☆

夜はキャンドルホルダーなどにしても素敵。メイソンジャーの色の付け方はカンタン!おうちにあるものを活用できるので、是非トライしてみて下さいね。

ポイント

今回のポイントは「網目の作り方」です。とてもシンプルな結び目で出来る今回のリメイク。シンプルな基本の網目を作るときは、結び目が同じ長さになるようにするだけで簡単にできあがります。逆に、敢えて同じ長さにしないことで、好みの模様に出来るところがこのリメイクの楽しいところ。いろんな結び方を考えて、オリジナルを楽しむのもいいですね♪
同じ「メイソンジャー」でも、リメイクの方法次第で仕上がりの表情はさまざま。実は使い道が他に浮かばなくて…、おうちにそんなメイソンジャーがあったらまさにチャンス!ぜひ自分に合ったリメイク方法で、楽しんでみて下さいね♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。