WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

100均手ぬぐいで作る大人のチュニック

100均手ぬぐいを使って四角いチュニックを作りました。手ぬぐい幅で作れるチュニックの裁断&型紙も掲載しています。直線縫いのシンプルなデザインです。他の布で作ったイメージもちょっぴりご紹介します。 #100均 #てぬぐい

2018.6.28

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.6.28 / 作成:2018.6.25

手ぬぐい幅でできる直線縫いのチュニック

手ぬぐいで作ったチュニックをご紹介します。
今回は100均手ぬぐいを一部分に使ってありますが、全体を手ぬぐいで作ることもできます。
100均手ぬぐいは、どちらかと言うとザラッとした粗目の生地の印象があるんですよね。
買う前に実際に肌触りを確認したいところですね。
 

手ぬぐい以外の布でも

こちらは4分の1サイズで試作したミニチュニックです。赤い方は手ぬぐい、青い花は普通のプリント綿です。小さい花柄だとワンピースみたいで、イメージがまた変わりますね。

エレガントなお出かけ用も

布が違えば同じデザインでも、エレガントになります。いつか結婚式にでも呼ばれたら、華やかな布地で作ってみたいです。

作り方

出来上がりサイズ

大まかな出来上がりサイズ(前身頃の実寸)
右肩 13.5cm
ウエスト 51.5㎝
丈 66㎝
裾幅 59cm

このチュニックは、ボタンやファスナーがないので、脱ぎ着するには通常よりゆとりが必要になります。
これよりもっと大きいサイズを作る場合は、肩袖の幅を広くするか、スカートの4枚はぎを6枚に増やすなど工夫する必要がありそうです。
 

材料

材料は以下のものを用意しました。
手ぬぐい
布(黒、ストライプ)
接着芯
ミシン糸

 

型紙&製図

肩袖①~①'、②~②' 長さ50、幅16 計2枚
三角(前身頃側)③、④ 高さ20、幅25 計2枚
三角(後ろ身頃側)③'、④' 高さ15、幅25 計2枚
三角土台(後ろ身頃側)⑦ 高さ5、幅25 計1枚
スカート左右⑤、⑤'、⑥、⑥' 長さ45、幅33 計4枚
(手ぬぐいの丈と幅が90×33より小さい場合、スカートの寸法を1~2㎝調整)
数字は㎝

三角の一部を除き、縫い代込みの寸法です。
 

裁断のイメージ

肩袖は前身頃と後ろ身頃が裁断の段階で1枚につながっています。(①~①'、②~②')
後ろ身頃の肩袖は絵が逆さになるので、上下左右のない模様が良いです。
計算上では無理やり3枚の手ぬぐいに納まっていますが、実験した訳ではないので足りないかも分かりません。絵柄の向き(上下左右、行列)がある場合は、より多くの布が必要になります。
※左の図は三角部分の配置をクローズアップしたもので、水色は縫い代です。






 

前身頃の三角

三角だけは裁断するときに、一番長い斜めの辺へ縫い代2㎝を足します。縁を三つ折りに仕上げるためです。

後ろ身頃の三角

背中の三角は高さを5㎝低くして、代わりに5㎝の土台をつけています。(土台上部に別途ぬいしろが必要)
前身頃の三角と同様に、長い斜めの辺に2㎝の縫い代が必要です。
前側のオープンな感じとは違って、少し閉鎖的な雰囲気をイメージしました。
 

縫う順番

前準備
ロックミシンで布端の始末をする。(三角の一番長い辺以外)
三角の一番長い辺を三つ折りにし、端ミシンをかける。
三角は着たとき垂れるかなと思ったので、裏に接着芯を貼ってみました。

縫う順番は以下の通りです。
三角→肩袖→ウエスト→脇→袖ぐり→裾
縫い代は5㎜。

ボタンなし、ファスナーなしの欠点は、普通の服よりゆとりがないと脱ぎ着できないこと!
そのためできるだけ縫い代を少なくして、ロックミシンでカットするのも1~2mmにしました。

三角の襟ぐりを始末する

では実際に縫う過程を説明していきます。
まず三角の一番長い辺を出来上がり線に沿うよう三つ折りにして、端ミシンをかけます。
左右の前合わせは左身頃が上に来るように重ねます。
底辺25㎝をミシンの荒い目で仮縫いしておくと、ズレ難くなり他の作業がしやすいです。
後ろ身頃の三角も同じようにしますが、最後に5㎝の土台を縫い合わせるところが違います。
 

肩と三角をつなげる

左右の三角を合わせた後、両側の肩袖と三角を縫いつなげます。
次に肩端を裏側へ折り込み(写真のピンク線の部分)、縫い代全体をアイロンで袖側に倒します。
最後に表から端ミシンをかけます。(写真の緑線の部分)

スカートの左右をつなげる

左右の布を1枚につなげます。前身頃側が済んだら後ろ身頃の方も同じく処理します。

上半分とスカートをつなげる

スカートのウエストにミシンの荒い目でぐし縫いをして、上半分の幅に合わせます。
中表に重ね、端から端まで縫います。
縫った後で、ぐし縫いは取り去ります。

スカート脇を縫う

ウエストから裾まで縫って、スカートの前と後ろをつなげます。

袖ぐりの始末

袖端を内側に折り込み、アイロンをかけて表から端ミシンをかけます。
ウエストとの継ぎ目部分が開かないよう5㎜程度、前袖と後ろ袖をくっ付け縫い留めておきました。

裾の始末

裾を中へ折り、端ミシンで処理をしたら完成です。

完成品

今回は手ぬぐい幅でできる四角いチュニックを作ってみました。三角を合わせ、袖を付け、スカートをつなげる三工程です。軽くさっと着られるので、みすぼらしい服などを隠したいときにいいかな~と思いました。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • jintan

    100均手ぬぐいなどを使って身近なものを作ります。レパートリーを増やせるようたまに更新しますので、ど...