WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

家にある材料で。メイソンジャーリメイクで「オイルランプ」の作り方

今回はメイソンジャーで「オイルランプ」を作ります。基本材料は、100均や家にあるものでOK。長時間点灯が可能なので、停電時などに役立ちます。アルミ缶で作れる方法もご紹介。作り方はとってもカンタン。上手に芯を燃やすコツなどもご紹介。身近な材料で、役立つDIYをしてみませんか? #メイソンジャー #オイルランプ

2018.6.18

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.6.18 / 作成:2018.6.16

【材料・道具】

材料

  • メイソンジャー&蓋(今回はセリアのガラス製。ドリンキングジャーの穴あき蓋が便利。)
  • 空き缶
  • オリーブオイル(サラダ油でも可)
  • アロマオイル(エッセンシャルオイル。お好みで)
  • ひも(綿ロープ。太さ4ミリ。20㎝程度)

道具

  • サンドペーパー(スポンジサンダーが便利。240番を使用。)
  • カッター
  • はさみ
  • 新聞紙など(必要な場合)

①アルミ缶の表面を削る

アルミ缶の塗料が気になる場合、サンドペーパーなどで塗料を落としておきます。

※スポンジタイプのやすりがあると便利。水にも強いので、お皿を洗う要領で簡単に落とせますよ♪

②アルミ缶をカットする

アルミ缶にカッターなどで切り込みを入れ、3㎝くらいの幅でアルミ缶を帯状にカットします。(今回は9㎝にカットしました。)

カット出来ました。アルミ缶は柔らかいので、はさみでもカット可。

③紐にアルミ缶を巻き付け、差し込む

カットしたアルミの板をひもの先に巻き付けます。ふたの穴に通せるくらいに巻いておきます。その後、ゴムを外したふたの穴にアルミを通し、サイズを確認しておきます。

※穴がない場合は、下記の記事を参考に1cm程度の穴を開けて下さいね♪

穴に対しアルミがゆるく、紐が落ちそうな場合

カットした板状のアルミ缶を利用し、1cm幅でアルミをさらにカットして紐に巻き付けます。その後に残りのアルミをさらに巻き付けます。

穴に対して紐が細めの場合、このようにするとしっかり支えてくれるので、紐が落ちてしまう心配がありません。(但し、紐を移動させると中の短いアルミ缶が移動するので注意。)

④オリーブオイルなどを注ぐ

瓶の中に、オリーブオイルを注ぎます。お好みでアロマオイル(エッセンシャルオイル)を入れると香りも楽しめますよ♪注ぎ終わったら、蓋から出ている紐を引き出し、しっかりオイルに漬けます。ピンセットなどを使ってふたの裏から引き下げ、表に出る紐が適度な長さになるように調整します。

⑤完成です☆

とっても簡単な手順で、停電時にも役立ちそうなオイルランプが完成しました。オイルランプに使うメイソンジャーは、転倒のリスクを考えると、背の低いものがおススメ。取っ手付きなら、点灯させた状態でも安全に移動できますよ♪移動しても消えない「上手に芯を燃やすコツ」がこの後の説明にあります。ぜひそちらもご覧くださいね♪

【突然の停電時に】簡易ランタンの作り方

【材料】
・アルミ空き缶(今回は制作に使用した残りを使用)
・食用油
・ティッシュ
・アルミ針金(なければアルミホイルを5㎝幅にカットし、棒状にする)
①下から2~3㎝のところで、窓になる部分をはさみなどで作る
②ティッシュを割き、こよりにして芯にする。(画像は半分に割きこよりにしたもの)
③針金(アルミの棒)を、画像のようにらせん状にする。一番下の輪は缶ギリギリくらいの大きさにし、最後の一番上の輪は1cmくらいにしておく。平らな場所で自立できるよう調整する。
④ティッシュの芯を針金コイルに通し、上の輪から1cm出し、下から1cm程度油を注ぐ。
⑤芯に油がしみ込んだら、点火する。

【使い方など】
・消す時は吹き消すことも可能。そのままで再度点火もできます。(周囲に注意。)
・プルタブを立てて作り、別にハンドルを作って、移動時に穴に通せば便利。(プルタブは熱くなっているのでやけどに注意。)
・グラスなどでも作ることができます。(但し、背の低い倒れにくいもので。)

緊急時など、非常用のろうそくがない、そんな時は覚えておくと便利ですよ♪

アレンジ☆

アレンジを加えて、さらにオシャレに仕上げましょう♪

【加える材料】
・ローレルの葉
・シナモンスティック
・赤唐辛子
・ドライオレンジ(セリアのもの)
※他は基本の材料と同じ。

紐を中心に入れたら、お好みでドライオレンジなどを入れていきます。紐を引き出し、同様にアルミ缶を巻き付け蓋に差し込みます。後は同様に作れば完成♪


【上手に芯を燃やすコツと火の消し方】

【上手に芯を燃やし続けるコツ】
・芯はしっかりオイルに浸す。
・蓋から出るアルミ缶は2~3mm。(画像参照。)
・芯は1cm程度出して、火をつける。(しばらくすると5㎝くらいの炎が出ますが、1~2分程度でおさまります。)
・オイルの量は、瓶の蓋があるねじ下部分(上から2㎝程度)まで。

【火の消し方】
①蓋の大きさより小さめの耐熱容器(ココットなど)を用意し、ふたのようにして炎にかぶせる。
②しばらくすると火が完全に消えるが、くすぶっている場合は、水で濡らしたピンセットで挟んで残り火を消す。

※こちらは、点火してから30分後に移動させて撮影した画像です。炎はロウソク同様の適度な大きさで、安定して燃え続けています。何回か実験したところ、この条件だと燃え続けたので、上手くいかない場合は上記を参考に調整してみて下さいね♪

アレンジの完成です♪

見た目もおしゃれなメイソンジャーの「オイルランプ」が完成しました♪火を灯さなくても、キッチンなどに飾っておいてもオシャレ。今回は、蚊よけに効果があるといわれる「シトロネラ」と、柑橘系の甘い香りがお子さんにも人気の「マンダリン」を使用してみました。エクストラバージンオリーブオイルは柑橘系の香りと相性も良く、全体でオレンジのようないい香り♡アウトドアでも活躍してくれそうです♪

※皮膚刺激があると言われている「シトロネラ」などのアロマオイル(精油)を使用する場合、注意が必要です。飾る場合、特に小さなお子さんなどがオイルがしみ込んだ芯に誤って触らないよう、十分にご注意ください。

※アロマオイル(精油)は使用上の注意を守り、特に妊産婦の方・授乳中の方、小さなお子さん、ご年配の方、病気治療中の方などは、専門家に相談の上ご使用下さい。また、精油代謝能力の低い猫などのペットを飼っている場合、注意が必要です。専門家などに相談の上ご使用下さい。

ポイント

今回のポイントは「オイルランプの芯」です。オイルランプの芯は、オイルの吸い上げが良いものがおススメ。専用の物もあるようですが、綿ロープなどでも代用できます。自作する場合、オイルとの距離を短くするなどのコツが必要です。使用する芯の素材にもよりますが、吸い上げが悪いと途中で鎮火してしまうことも。「上手く芯が燃えない…。」そんな時はコツなどを参考に調整すれば、何回点けなおしても上手に芯を燃やすことができますよ♪制作・使用する際は、火災・やけどなどに十分注意し、火の取扱いなど最後まで責任を持って行ってくださいね。
インテリアのアレンジがメインの「メイソンジャーリメイク」。オシャレなだけでなく、実用的なアレンジも豊富な「実力派」でもあるよう。ぜひ自分のライフスタイルにあった、素敵な使い方を見つけて下さいね♪
 

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。