WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

簡単リメイク☆ミニメイソンジャーで「塩コショウ入れ」を作ろう♪

今回は、セリアのミニメイソンジャーを使って「塩コショウ入れ」を作っていきます。コンパクトサイズのミニメイソンジャー。可愛いけど何を入れたら?そんな時は、簡単リメイクで「調味料入れ」に変身させてしまいましょう。特別な道具は不要。身近な道具で出来るので、ぜひトライしてみて下さいね♪ #メイソンジャー #リメイク #調味料入れ

2018.6.9

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.6.9 / 作成:2018.6.8

【材料・道具】

材料

  • ミニメイソンジャー(今回はセリアのガラス製を使用))

道具

  • 画鋲(つまみのあるタイプがベスト)
  • きり
  • ハンマー
  • 出来れば1cm程度の厚みのある板(かまぼこの板などでも可)

①中ふたをはずす

まず、蓋の内側にあるシート状のものをはずします。

②蓋に穴をあける

蓋に対し、垂直に画鋲を当てて穴を開けます。画鋲のつまみ部分が当たるまで、しっかりと穴をあけましょう。

※台に傷がつくのが心配な方は、新聞などを敷くなどして下さいね♪

画鋲で開けた穴を、キリを回転させながらさらに広げていきます。

【ポイント】
・開ける穴の大きさはお好みで。大きめに開けた場合は、一回で多量に出るので、穴の数を減らす等して下さい。
・穴を広げていく際、金属粉がでます。飛び散らないように、新聞などを敷いておくと良いでしょう。

③ハンマーで叩く

裏側をみると、穴の周囲にめくれあがった部分が出ています。けがをしないように、ハンマーで叩き、めくれた部分をつぶしておきます。


【ポイント】
・平らに打てるよう、木の板などを蓋の下に置いて叩きましょう。
・くるくると指で触っても大丈夫なように、丁寧につぶしましょう。(洗浄時にけがをしないように、仕上げましょう。)

穴が一部埋まってしまったら、軽くキリをあてて調整し、めくれた部分は同様にきちんと処理しておきます。

④お好みの数で穴を開ける

同様にして、好みの数だけ穴を開けていきます。

用途別で穴の数を調整するとベスト

こちらはお好みで。左はコショウ用、右は塩用として作ってみました。サラサラとした塩は、比較的穴から出やすいので、穴の数は少なめでもOK。粗びきこしょうなど、調味料の粒が大きめの場合は、穴の数を多くするとベスト。また、「塩分控えめの食生活にしたい…。」そんな時は、穴の数を減らす等、生活に合わせて調整してもいいですね♪

⑤完成です☆

ミニメイソンジャーの簡単リメイクで、オシャレな「塩コショウ入れ」が完成しました。こんな調味料入れがあれば、いつもの朝食もワンランクアップしそう♪何より便利なのは、取っ手が付いているところ。とくかく振るのがカンタン!振るのが楽しくて、いろいろな料理にかけたくなってしまいそうですね♪

揃えればさらにオシャレ♪

こんな風に揃えてみても。オシャレな形がキッチンを楽しくしてくれそうです。セットでテーブルに置いておけば、食卓もセンスアップされ、料理がさらに美味しく見えそうですね♪

ポイント

今回のポイントは、「蓋に穴をあける」です。穴の開け方として、釘で打つ方法もありますが、このミニメイソンジャーは蓋に厚みがなく、金属がやわらかめのため、画鋲・キリで開けることも可能です。蓋の厚みによっては、釘で打つ等の方法が良い場合もあるので、確認をしてから行うことをおすすめします。(キリは本来木材などの穴開けに使用するので、気になる方はご注意ください。)蓋に穴を開けたことにより、さびが出やすくなっています。洗浄後は水分を残さないようにして乾燥させるなど、十分に注意してご使用下さい。
使い方が分からず、おうちに買ったまま眠らせているミニメイソンジャーがあったら、この簡単DIYでぜひ活用してみて下さいね♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。