WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

100均くるみボタンキットで♪簡単ハンドメイド

くるみボタンはボタンとして使うだけではなく、ピアスやヘアゴム、ブローチなどハンドメイドの素材としても注目を集めています。
今日はダイソーのくるみボタン製作キット付を使って、くるみボタンをきれいに作るコツとアレンジをご紹介します。 #100均 #くるみボタン

2018.6.6

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.6.6 / 作成:2018.6.3

くるみボタンって?

主に金属でできたパーツを布でくるんで作るボタンです。パーツは手芸店や100均でも購入できます。
ダイソーでは12ミリ、15ミリ、18ミリ、22ミリ、27ミリ、38ミリとサイズを豊富に取り揃えているので、作りたいものによって大きさを選べるのも便利ですね。
各サイズ共に、くるみボタンを作るのに必要な打ち具が入った製作キット付と、くるみボタンのパーツだけが入った補充用の2種類が販売されています。
 

くるみボタンの作り方

ダイソーのくるみボタン製作キット付 27ミリを使って、くるみボタンを作ります。

材料 道具

●打ち具台
●くるみボタンパーツA
●くるみボタンパーツB
●型紙
〇布(薄手のものが向いています)
〇ハサミ
〇チャコペン

●がついているものは全てくるみボタン制作キット付に入っているものなので、あとは布とハサミとチャコペンを用意するだけです。
27ミリのくるみボタンを作るには布は7センチ角があれば十分です。ソーイングで余ってしまった布も活用できますね。

作り方

①型紙通りにカットした布の裏側が上になるように打ち具台の上に乗せ、その上にパーツAを乗せます。

②パーツAを指で押して、布とパーツAを打ち具土台に押し込みます。

③②の上にパーツBを乗せて、打ち具で押し込みます。打ち具台から取り出して完成です。

ひと手間かけてきれいに作る♪くるみボタン

完成!と思っても裏を見ると…

こんな風に布がたるんだり、寄ってしまったりすることがあります。 失敗なく作るには、打ち具台に押し込む前に布の周りをぐし縫いすることをおすすめします。ひと手間かかりますが、きれいに作れます。

きれいに作るポイント!ぐし縫いをしましょう

①型紙通りにカットした布の端から5ミリのところをぐし縫いします。

②その上にパーツAを置きます。

③糸を引いて絞り、玉止めをします。

④打ち具土台に③を押し込み、後は上の作り方と同様にパーツBを上に乗せて打ち具で押し込んで完成です。

ひと手間かけるだけで裏もきれいにできました。

生地が薄い場合は・・・

せっかく作ったのに生地が薄くて土台パーツの金属の色が透けて見えてしまった…なんてことはありませんか?
そんな時は、薄手のキルト芯かフェルトを両面テープで土台パーツに貼って作りましょう。こうすると土台パーツの色も透けません。くるみボタンもぷっくりコロンとかわいらしいシルエットになります。
 

生地が厚い場合は…

厚めの生地やフェイクレザーなどは、打ち具で押し込む方法でくるみボタンを作るのは難しいです。
そんな時は打ち具を使わず、ボンドで接着するタイプのセリアのくるみボタンキットが向いています。
 

このキットを使って厚手のヒッコリー生地でくるみボタンを作ります。

①セリアのくるみボタンキット、生地、接着剤を用意します。
②型紙に合わせて布をカットし、周りをぐし縫いします。その上に内側に接着剤を塗ったパーツを置いて糸を引き締めます。上から生地を指でなぞって、パーツと布を密着させます。
③密着させた生地の上にも接着剤を付け、足のついたパーツをはめてギュッと押さえます。
④完成です。ヒッコリー生地でもくるみボタンが作れました♪

くるみボタンでハンドメイド

ヘアゴムに

くるみボタンで作るハンドメイドの代表作、ヘアゴムです。簡単に作れて、余った布を使えばコストもかからないのでバザーなどにおすすめです。

<作り方>
①完成したくるみボタンとヘアゴムを用意します。
②ヘアゴムをくるみボタンの足に通します。写真はダイソーのリングゴムを使っていますが、ヘアゴムをお好みの長さにカットして結んで使っても大丈夫です。
③完成です
コットン生地の他にツイード生地やフェイクレザーを使ってもかわいいです。お好みでビーズやチャームをプラスしてオリジナルのヘアゴムを作ってみて下さいね。

刺繍をした布でブローチに

こぎん刺しをしたリネンでくるみボタンを作りブローチにしました。ブローチにする時にはくるみボタンの足を取って、ブローチピンを付けます。

●くるみボタンを作る材料・道具の他に、フェルト、ブローチピン、縫い針と糸、ニッパー、接着剤 を準備して下さいね。
<作り方>
①まずボタンパーツの足を外します。赤丸のところをニッパーでカットすれば簡単に取り外せます。
②足を取り外したパーツを型紙にしてフェルトに印をつけてカットします。
③フェルトにブローチピンを縫い付けます。
④刺繍をした布でくるみボタンを作ります。
⑤裏面に接着剤で③のブローチピンの付いたフェルトを貼ります。
⑥完成です。

 

他のパーツと組み合わせてピアスに

くるみボタンとダイソーのフレームパーツスクエアを合わせてピアスを作りました。
丸いくるみボタンとゆらゆら揺れるパーツがかわいいです。

<材料>
くるみボタン 2個
フレームパーツスクエア〔ダイソー)
ピアス丸皿カン付(ダイソー)
丸カン 6個
フェルト
<道具>
はさみ
チャコペン
接着剤
丸ヤットコ
平ヤットコ
 
<作り方>
①ブローチと同様にくるみボタンパーツBの足を取ってからくるみボタンを作ります。裏に接着剤でフェルトを貼ります。
②丸皿カン付ピアスとスクエアパーツを丸カン3つで繋ぎます。丸カンはヤットコで前後に開き、パーツを繋いでから閉じます。
③ピアスの皿の部分に接着剤をつけてくるみボタンに貼ります。
④完成です。

最後に

くるみボタンをきれいに作るコツとアレンジをご紹介しましたが、いかがでしたか?
ひと手間加えると失敗なく作れるので、ハンドメイド初心者さんにもおすすめです。
ハンドメイド素材としても色々なアレンジができるので、あれこれ考えるのも楽しいですね。
ぜひ、お気に入りの布で素敵なアクセサリーや雑貨を作ってみてください♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • みか

    ハンドメイドと料理が好きです。いつも何かを作っています。