WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

簡単!メイソンジャーを「モロッコランタン」風にリメイクしてみよう♪

今回は、お子さんも簡単にトライできる「パフィーペイント」で、メイソンジャーをリメイクします。「パフィーペイント」とは、ふくらんだ立体の線で絵などを描くこと。100均材料でも気軽に出来る「立体お絵描き」。簡単DIYで、人気のリメイク「モロッコランタン」風を楽しんでみませんか? #メイソンジャー #リメイク

2018.6.4

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.6.4 / 作成:2018.6.2

【材料】

材料

  • メイソンジャー(今回はセリアのガラス製を使用)
  • デコホイップ・白(今回はセリアのものを使用。色はお好みで)
  • ガラス絵の具・緑(今回はダイソーのものを使用)

①瓶に線と点を描く

お好みで、自由に線や点を描いて、模様を作っていきます。インテリアに合わせて、シンプルにしたり、全体に描いてゴージャスな雰囲気にしてみても。描き終わったら完全に固まるまで、しっかり乾燥させます。

シンプル仕上げの完成

瓶に模様を描き、乾燥させれば完成です。今回はさらに付属のホイップ口を使って、タッセルのような長めのシェルパーツをイメージして描いてみました。工夫次第でいろいろ描けるので、ぜひ自分好みの形を探してみて下さいね♪

②瓶に色を付ける

もう一工夫して、瓶に色を付けていきます。まず、ガラス絵の具をゆっくり底の部分に適量注ぎます。

瓶をしっかり持ち、回しながら好みの範囲まで色を付けていきます。

文字を活かして、1/3だけ色を付けてみました。

※全体を色付けたい場合は、【文字などを描く前に】ビン全体を色付けしてから、描いていきましょう。
・方法→全体に行き渡るようにガラス絵の具を入れ、回しながら色付けたら、伏せて乾燥させる。余分なガラス絵の具が垂れてくるので、汚れないよう十分注意する。

こんな風にグラデーションにしてみても。「乾燥させる→さらに絵の具を入れ色付け」を繰り返します。

色付け方法は、ガラス絵の具がベスト

瓶に色を付ける方法として、アクリル絵の具を薄めて色を付けるという方法もありますが、表面がツルツルした瓶などは、画像のように絵の具をはじいてしまい、色が付かない場合があります。アクリル絵の具で色付けしたいという場合は、一度確認すると良いでしょう。

③完成です☆

「パフィーペイント」でリメイクしたメイソンジャーが完成しました。メイソンジャーの文字とグリーンのグラデーションが光に映し出され、とてもキレイ。瓶に文字が刻まれている「メイソンジャーならでは」の美しさです。「モロッコランタン」といえば一般的に全体に模様を施したものが多いですが、もともとのメイソンジャーの文字などを活かして、シンプル仕上げにしても。全体でバランスが取れるように模様を描くといいですね♪

アレンジ☆

ハンギング用ハンドルを付けてみよう

ランタンとして吊るせるように、ハンギング用のハンドルをつけてみましょう。

【材料・道具】
・アルミ針金(ビニール被膜タイプ)直径2mm
・切り口が円の鉛筆など
・ペンチ(ニッパーがあればなお良し)

①片側を(瓶の口に合わせ)20㎝程度残し、鉛筆を当て2~3回回転させながら針金に輪を作る。
②画像のように針金をあて、針金が重なった部分から、片側を10㎝程度残してカットする。

③カットした針金同士を一回ねじり、長いほうの針金に鉛筆を当てて2~3回回転させ、しっかり瓶に巻き付ける。
④余分な針金はカットし、けがをしないようにペンチなどでカットした先端をつぶしておく。
⑤輪の部分は上方向に曲げておく(この後の画像参照)。

⑥針金を瓶本体の半円より長めにカットし、ハンドルを作る。
⑦両端を1cmほど曲げ(画像右)、瓶に作った輪に通す。
※より丈夫にしたい場合は、2㎝程曲げ、【輪に通してから】先端を巻き付ける(画像左参照)。

アレンジの完成♪

ハンドルを付けた、「モロッコランタン風」メイソンジャーが完成しました。ハンドルを付けたことで「ランタン」という雰囲気も出ました。アイデア次第で、いろいろな使い方が出来そうですね♪ ※今回は、ビニール被膜付きのアルミ針金を使用し、きつく巻き付けることで耐重性を上げています。通常のアルミ針金等を使う場合は、瓶の一番下の溝の下に針金を巻き付けて作ると安心ですよ♪

針金をしっかりと瓶に巻き付けてあるので、もちろんハンギングも可能。ジャー自体が重いので、中にさらに重みのある物を入れる場合は、ハンドルの先端部分もしっかり巻き付けて作ると安心です。キャンドルを入れランタンとして、またグリーンを入れてみたりと、いろいろ楽しめそうですね♪

ポイント

今回のポイントは「パフィーペイント」です。パフィーペイントは、ふわふわとした立体の線で絵を描く方法で、専用の物もあるようです。こちらは100均のものでも代用が出来ます。スイーツデコに使う「ホイップ」、絞り口がついて練習次第で多様な模様を描くことが出来ます。白の他にも色が豊富にあるので、お好みに合わせてみるのもいいですね。
メイソンジャーの文字を活かした「パフィーペイント」。モロッコランタン風にしてみるもよし、シンプルにラインやドットで仕上げても良し、お好みに合わせてお楽しみくださいね♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。