WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

子供のTシャツにワンポイント刺繍・前後がわかって自分でお着替えできるよ【ピーシングペーパー】

子供は自分ひとりで何でもしたくて着替えもひとりでするとトライしますが前後を間違えることもしばしば。特に無地のTシャツはハードルの高いアイテム。Tシャツに刺繍をして目印をつけてあげれば、ママも子供も笑顔になれそうです。ダーニングマッシュルームというステッチをご紹介いたします。 #刺繍 #ピーシングペーパー

2018.6.6

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.6.6 / 作成:2018.6.2

Tシャツへの刺繍が難しい2つの理由

1.伸びるニット素材は下絵を描きにくい

刺繍のはじめの行程である下絵を写すという作業は、実はとても大切です。小さなモチーフの刺繍も、いざはじめてみると一針一針を写した図案を頼りにおこなうものです。
 

2.伸びるニット素材は刺繍しにくい

伸縮するニット素材に、刺繍をほどこすのは慣れるまで難しいものです。針を刺す一ミリ一ミリがずれることで、最後の仕上がりがなんだかぱっとしないモチーフになってしまうこともあります。

ニット素材に刺繍する場合、とくにはじめのうちは簡単なカタチのモチーフを取り入れるとよいでしょう。丸や四角などオーソドックスなカタチも刺繍で表現すると、素敵なデザインになります。また、刺繍糸を引っ張りすぎないように気を付けることも大切です。

この記事では「ダーニングマッシュルーム」という織り物のようなステッチ方法で、簡単な丸いモチーフの刺繍を施します。

ピーシングペーパーとは?

ニット素材のTシャツや下着は伸縮性があるので、図案を写すのが思いのほか大変です。そこでおすすめしたいのが「ピーシングペーパー」です。ピーシングペーパーとは、アイロンでニットなどに接着できる紙素材の手芸用品。ピーシングペーパーに刺繍図案を描き、そのまま生地にアイロンで接着させるので、図案を写す必要がありません。

写真はクロバーの方眼タイプです。ほかに無地のものもあります。

ダーニングマッシュルームステッチとは?

ダーニングマッシュルームステッチは、まるで織り物のような仕上がりになる可愛らしいステッチです。靴下や毛糸のセーターのひじ部分などの経年劣化で穴があいた部分やシミの部分にダーニングマッシュルームステッチを施せば、可愛くお直しできます。

毛糸のお直しにはマッシュルームの形をしたダーニングマッシュルーム専用の木の道具を裏からあててステッチをします。専用の道具がない場合は電球の丸いところで代用できます。

Tシャツくらいのニット素材や伸び縮みしない生地にダーニングマッシュルームステッチを施すときは、裏から道具を当てなくても大丈夫です。刺繍枠で生地をピンとはるときれいに仕上がります

Tシャツに刺繍する手順【ピーシングペーパーを使って】

1.ピーシングペーパーに下絵を描く

ピーシングペーパーは、紙素材なので鉛筆やボールペンなどで簡単に図案を描くことができます。図案集などをコピーしたい場合は、チャコペーパートレーサーを使ってピーシングペーパーに図案を写します。簡単なモチーフなら、フリーハンドで図案を描いてもよいでしょう。

2.ピーシングペーパーをTシャツにはる

ピーシングペーパーを図案の大きさにカットして、ニット素材のTシャツにアイロンで接着します。軽くアイロンするだけで貼ることができます。

3.ダーニングマッシュルームステッチで刺繍する

1.ランニングステッチでアウトラインを刺繍する

Tシャツを刺繍枠にセットしてピンと張り、少し細かめのランニングステッチでモチーフのアウトラインを刺繍します。写真はランニングステッチを終えたところです。

2.ピーシングペーパーを取り除く

ダーニングマッシュルームステッチの場合は、アウトラインをステッチし終えたら下絵は必要ありません。この時点でピーシングペーパーを破って取り除きましょう。ニット生地が伸びるので少し難しいですが、一気に取ろうとせず少しずつ取り除くのがコツです。刺繍した糸を一緒に引っ張らないように気を付けましょう。

ピーシングペーパーを取り除くとニット生地が伸縮してステッチしづらくなります。刺繍のなかにピーシングペーパーが残りますが、そのままピーシングペーパーを取り除かずに刺繍を続けるのもひとつです。もしくは、ピーシングペーパーを取り除いたあと裏に接着芯をはるとニット生地が動きにくく楽に刺繍できます。

3.ダーニングマッシュルームステッチを縦の中央からはじめる

ダーニングマッシュルームステッチの円モチーフは、距離の長い真ん中からはじめると比較的うまくいきます。ちなみに四角モチーフの場合は端からステッチしても大丈夫です。はじめの縦線はすべてに影響しますのでまっすぐになるよう丁寧に刺します。刺繍糸がたるまないよう引きつらないよう適度に糸を引っ張りましょう。

4.ダーニングマッシュルームステッチの縦をすべてステッチする

はじめに施した中央の線を基本にして平行になるように縦線をステッチしていきます。表裏の順番です。線一本一本の間は1ミリくらいを目安にステッチしましょう。写真は縦線のステッチをすべて終えたところです。

5.ダーニングマッシュルームの横をステッチする

横線をステッチしていきます。縦線と同様に中央部分から刺していくときれいに仕上がります。裏から横線の1ステッチ目の針を刺したら、縦線を織り物を織るように上下に互い違いにくぐらせていきます。

次の筋は先ほどと逆に上下を互い違いにくぐらせていきます。この作業を続けます。織り模様ができてくるので楽しい場面です。

4.完成

横糸を最後まで刺し終えたら完成です。途中で糸がゆがんだり互い違いの上下を間違えることもあるかも知れません。あきらめずに最後まで刺してみましょう。間違えたところがそれほど気にならず味になることもあり達成感を得られます。

子供のTシャツに刺繍の可愛い目印をつけてあげよう

子供にはその成長過程とともになんでも自分でやりたい気持ちが芽生えます。お着替えもそのひとつ。なかでも無地のTシャツや下着の前後を見分けるのは子供には少し難しく、間違えてしまうこともあります。伸び伸びと自由にさせてあげたい反面、忙しい朝など少し面倒だなという気持ちになってしまうこともあるかも知れません。可愛い刺繍で目印をつけてあげれば問題クリア。手仕事の温もりは子供の感性を刺激することにも繋がり一石二鳥です。ぜひダーニングマッシュルームステッチにトライしてみてください。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • Yukari.S

    いちから創ることが大好きです。畑を耕し野菜を育てながら、こども服を作ったり刺繍や編み物を楽しんで...