WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

プラバン&スワロフスキーで作るこだわりのヘアゴム

ストーンはスワロフスキー社のものを使います。
その他、材料は全て100均で揃えられるものばかりです。
プラバンベースをより華やかにみせてくれます。
貼り方のポイントもUPしています!! #スワロフスキー #プラバン #ヘアゴム

2018.6.8

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.6.8 / 作成:2018.5.31

材料・道具

・ストーンを入れるトレイ(何でもOK)
・ピンセット(真っ直ぐのものや、先が曲がっているもの。真っ直ぐのは、100均で売っています。)
・台座付きゴム(100均)
・プラバン(今回は白、100均)画像は出来上がりをUP
・竹串(爪楊枝でもOK)
・クッキングシート(プラバン作った時の使いまわし)
 
・接着剤
セメダインスーパーX
セメダインスーパーX2

この2つの違いは、硬化速度です。
その他、性質はほぼ同等です。
貼り合わせ可能時間が少し違います。
23度での硬化時間です。

スーパーX→11分
スーパーX2→7分

今回はスーパーXを使用しました。
貼る範囲が少なく慣れてきたら、貼り合わせ可能時間が短いのを使うといいです。

最初は100均の接着剤を使おうと思っていたんですが、臭いがシンナーみたいでヤバかったので辞めました。
セメダインスーパーXは臭いは優しいです。
 
・好きな色のストーン
今回はスワロフスキー社のストーンを使います。
人に依って使う量は変わると思いますが、今回のサイズで作った場合の量を載せておきます。

・コバルト
ss5→3個
ss9→12個
ss12→37個
ss16→1個

・ホワイトオパール
ss5→8個
ss7→8個
ss9→7個
ss12→52個
ss16→1個

作り方

①プラバンのデザインを決める

今回は五角形にしてみました。
出来上がりのサイズの4倍位の大きさでデザインします。

このサイズで、プラバンにデザインを描いて、色を塗りました。ペンは、プロッキーを使いました。ちょっとサイズずれたけど、まぁいいや!!という感じでOKです。周りを黒いペンで囲った方がハッキリとするので良いかも知れません。

②プラバンを焼く

私の家には、オーブントースターがありません。普通はオーブントースターで焼きますが、オーブンレンジでも焼けますので安心して下さい!!

クッキングシートの上にプラバンを置きます。十分な大きさのクッキングシートを用意して下さい。小さすぎると、プラバンが縮む時に引っかかってミスすることもあります。

オーブンを200℃で予熱する。200℃も設定がない場合、180℃位でも予熱は必要です!!温度が下がるとその分時間はかかりますが、出来ないことはないです。

予熱後のオーブンにクッキングシートを敷き、その上にプラバンを乗せる。熱いので注意して下さい!!私は二段目で焼きました。

200℃で2分に設定する。大体2分あれば出来上がります。大きさにも依るので、しっかりと見ていて下さい。今回の大きさは、40秒位で出来上がりました!!

出来上がり見極めポイント
①プラバンが歪んできます
②小さくなる、反り返る
③反り返りがおさまる
④元の通りに平らになる

※見ていると本当に平らになるので、焦らず平らになったことを確認してから取り出して下さい。
熱いので注意して下さい。

取り出した後
・クッキングシート、プラバン、クッキングシート、重石という感じで、重石を乗せて下さい。
私は小鍋を乗せました。辞書などの重い本でもOKです。

比較するとこんな感じになります。
プラバンの種類により縮むサイズが変わると思いますので、参考までに。何となく線を引いて色を塗ってみました。

縮んだ後がこちらです。

今回は白いプラバンに鉛筆でデザインしたのですが、間違えた個所を適当に消しました。思っていたよりも目立ちますね(-_-;)ちゃんと消した方がいいです!!気を付けて下さい。

③ストーンの色選び

私は今回、高校生の娘にプレゼントしようと思います。
娘は青系が好きなので、デザインの時点で青と決めていました。
しかしスワロフスキー社のストーンは本当に色の種類が多すぎます。
青に絞って、塗った色に近い青を選出しました。

候補【青系】
・コバルト
 見て分かる通り、濃い青です。これはフラッシュを点けた状態でも、落ち着いた青です。

・サファイア
 明るい青です。光を浴びると更にキラキラ度が増します。

候補【白系】
・ホワイトオパール
 この色は光を浴びてもキラキラすることはなく、落ち着いた白です。艶消しなイメージです。

・クリスタル
 この色は、光を浴びるとキラキラを超してギラギラといったイメージです。スワロフスキー社のストーンとしては定番色です。よく使うと言ったらよく使う定番です。


青の色的にはサファイアだったけど、あまりキラキラ過ぎるとずっと使ってもらえないかもなぁ~と思いました。特別の時しか使わないもいいですが、そうすると私の娘は忘れてしまうので普段も着けられるような色を選びました。


【決定】
・コバルト
・ホワイトオパール

 

④ストーンの並べ方

これは簡単な並べ方です。下の方から整列しているように並べます。上に行くにつれて細くなってくるので、違うサイズのストーンを並べています。

この並べ方だと背景が隙間から見える感じになります。でも下絵に色をつけているので、この並べ方でも隙間があいて変だ!という感じにはなりません。色なしの場合は隙間は気になります。

ピラミッドみたいに隙間なく並べる方法です。レンガ並びという名前です。
この並べ方は隙間はなくなりますが、ストーンの数は増えます。

何個くらいストーンを使うか、接着前に予め並べてみるのもいいです!!隙間があっても下絵を塗っているので目立ちません。

⑤ストーンを貼り付ける

今回は2色にしたので、二等辺三角形の部分から貼り始めました。青→白→青→白といき、最後に持っている部分の白に貼りました。

ストーンの貼り方
①貼れそうな範囲に接着剤を薄めに伸ばします。
②ストーンのサイズを考えながら置いていく。
③置いたら軽くピンセットで押さえます。

これを繰り返し全面をデコっていきましょう!!

※綺麗な貼り方をしたい時は、ストーン1粒の接着量を乗せて1粒ずつ置いていく。
予定とは変わってしまったけど、ストーンを貼り終えました。
暫く乾かします。

この後、ヘアゴムを付けていくのですが、ヘアゴムを付けたあとは丸1日位乾かして下さい。

⑥ヘアゴム取り付け

ヘアゴムを取り付ける位置を決めます。
ヘアゴム台座に、まんべんなく接着剤を塗りヘアゴムを取り付けます。
しっかりと押さえる!!

この時、ストーンの接着がダメだと逆さにしたことで落ちてきます。
その時は、接着剤で貼り直して下さい!

※心配ならば、丸一日乾かしてからヘアゴムを取り付けて下さい。

完成

完成です!! ドアップで見ると隙間が気になるかもしれませんが、ヘアゴムなのでここまでドアップで見ることはないので大丈夫です。

最後に

今回は100均のプラバンをベースにして、こだわりのヘアゴムを作りました。
デザインを変えることで、色々なオリジナルが出来ます。

今回はスワロフスキー社のストーンを使いましたが、全てスワロフスキーではなく、一部だけ使うことでメリハリをつけてあげるのも、いいアイデアかもしれません。

ストーンの色は本当に多いので、色選びも楽しんで下さい!!
そして、こだわりのヘアゴムで気分がUPすると嬉しいです♪
 

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • saya05

    何でも作るのが好きです。ROCKなモノが特に好きです。 人が作れるモノは自分も作れると思ってしまいま...