WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

縫わずに「ダイソーのデニム生地」で「レッスンバッグ」を作る方法

レッスンバッグは、ワッフル生地で作ることが多いですが、ワッフル生地自体がやや割高です。ダイソーのデニム生地は面積が広く、丈夫なのでバッグなど作るのにオススメですよ。布用ボンド「裁ほう上手」を使えば、縫わずに手軽に作ることができますので、ぜひ挑戦してみてください♪ #ダイソー #バッグ

2018.7.3

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.7.3 / 作成:2018.5.20

今回作る作品

主に「布用ボンド 裁ほう上手」と、ダイソーで販売されている「はぎれデニム」を使って作るレッスンバッグです。

材料&道具

・デニム生地(ダイソーでも販売されています)
・アイロン&アイロン台
・定規
・布用裁ちバサミ
・チャコペン
・あて布2枚(ボンドがアイロンやアイロン台に付くのを防ぎます。)

※チャコペンの代わりに、ダイソーで販売している「紙・布用 自然に消えるしるし付けペン」もオススメ♪

ミシン!手縫い!不要の布用ボンド「裁縫上手」

「布用ボンド 裁縫上手」は針や糸が無くても、アイロンさえあれば手軽に布作品が作れますよ♪

失敗しない「裁ほう上手」の使い方のポイント

・丁寧に作業をしても多少ボンドがはみ出るので、あて布は下と上に置いて使いましょう。
・「アイロンで圧着」する時は、体重をかけて、しっかり動かさず約20秒アイロンを当てます。
・一度にまとめて2、3回重ねた所を「アイロンで圧着」させると接着力が弱くなる可能性があるので、「裁ほう上手」を塗るたびに毎回「アイロンで圧着」させましょう。
・「裁ほう上手」が乾くまでは、動かさない。

作り方

①図面を参考に布を切る。

みず色:袋部分
オレンジ色:内ポケット部分
きみどり色:持ち手部分

※今回、ダイソーの「デニム生地」を使って、布余りゼロで図面を考えました。作ってみると、やや持ち手部分の幅が広かったので、気になる方は幅15cmを10cmに替えて制作してください。

②持ち手を作る。

横半分に折って、アイロンで折り目を付けます。
折り目を開き、中央に向かって半分に折り、アイロンで折り目を付けます。
さらに半分に折って、アイロンで折り目を付けます。
折り目を全て開き、↑上の赤い線の部分に「裁ほう上手」を塗ります。「裁ほう上手」が均等に付いていると接着力が強くなるので、ヘラで接着剤を均等に伸ばしてください。接着剤は付きすぎていても、接着力が弱くなります。
アイロンやアイロン台に接着剤が付かないように、あて布を2枚上下にはさんで、体重をかけて、しっかり動かさず約20秒アイロンを当てて圧着させます。
続いて、↑上の赤い線の部分に「裁ほう上手」を塗ります。
半分に折って、アイロンで圧着させます。これで、できあがり♪
持ち手のもう一本も同じ方法で作ってくださいね。

③袋部分を作る。

布を裏にして、幅45cmの辺を1cm内側に折り、アイロンで折り目を付けます。
更に、内側に2cm折り、アイロンで折り目を付けます。
折り目を一度開き、布を表にします。今回、持ち手は外から10cm内側に付ける事にしました。作ってみて、もう少し内側に持ち手があった方が、袋部分にシワが出来にくいと感じたので、約12㎝内側に付ける事をオススメします。

↑上の赤い線の部分の内側に「裁ほう上手」を塗って、アイロンで圧着させます。反対側も同じ方法で作って下さい♪
布を裏にして、幅75cmの辺を2cm内側に折り、アイロンで折り目を付けます。↑上の赤い線の部分に「裁ほう上手」を塗ります。
半分に折って、アイロンで圧着させます。

④袋の口部分を作る。

袋の口部分を開き、内側に1cm折り目を確認します。先ほど折り目は付けているはずですが、折り目が分かりにくい場合があります。接着剤を塗る前に確認しましょう。

「裁ほう上手」を↑上の赤い線の部分に塗り、内側に折り、アイロンで圧着させます。
再び2cmの折り目を確認して、「裁ほう上手」を塗り、内側に折り、アイロンで圧着させます。

⑤持ち手を仕上げる。

バッグを裏にします。
↑上の赤い線の部分の内側に「裁ほう上手」を塗り、アイロンで圧着させます。
バッグを表にしたら、できあがり♪

ポケットを付けてアレンジしよう!

【内ポケットを作る】

余った「デニム生地」で内ポケットも作れます♪

ポケットの口になる部分、上の辺は2回1cm折り、先に「裁ほう上手」を塗って、アイロンで圧着させます。次に、左右と下の辺を1cm折り、アイロンで折り目を付けます。
布の左右と下の辺に「裁ほう上手」を塗り、アイロンで圧着させれば、内ポケットのできあがりです♪

【外ポケットをデコパージュして作る】

【材料&道具】
・生成のはぎれ
・デコパージュ液(布用&仕上げ用)
・ハサミ
・筆
・ペーパーナプキン又はデコパージュ用ペーパー

※ペーパーナプキンはマリメッコ、それ以外はダイソーで購入しました。
 
内ポケットと同じ方法でポケットを作ります。
デコパージュ液は熱に弱いので、先に「裁ほう上手」を塗り、アイロンで圧着させます。
デコパージュ液がしみるのが気になる方は、ポケットにクッキングシートを挟んでも良いですよ♪
ペーパーナプキンは3枚構造になっています。印刷している1枚だけ剥いで、使います。ハサミでデコパージュしたい部分を切って、ポケットの上に置いて、バランスを確認しましょう。
布用デコパージュ液を2回塗って、最後に仕上げ用デコパージュ液を塗ります。
乾いたら、完成です♪

まとめ

いかがでしたか?レッスンバッグは、ワッフル生地で作ることが多いですが、ワッフル生地自体がやや割高です。ダイソーのデニム生地は面積が広く、丈夫なのでバッグなど作るのにオススメですよ。布用ボンド「裁ほう上手」を使えば、縫わずに手軽に作ることができますので、ぜひ挑戦してみてください♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • aiko

    0才の息子がいる主婦です。料理、ハンドメイド、DIY、イラストなど作る事が大好きです。保有資格:高等...