更新:2018.4.5 作成:2018.4.2

折り紙で作る「桜」の作り方

今回は、折り紙を使って「桜」を作ります。こちらの「桜」は、折り紙1枚で完成♪仕上がりは2種類。カンタンに出来る基本の「桜」と、ちょっと難しめの「桜」があります。春色の景色が美しい季節。手軽に出来る「折り紙」で、家の中にも春の色を取り入れてみませんか?
❤︎ お気に入り
目次
  1. 【材料・道具】
  2. ①半分に折る
  3. ②折りすじを付ける
  4. ③角を折る
  5. ③折り返す
  6. ④線に合わせて折る
  7. ⑤中心の線で折る
  8. ⑥はさみで切る
  9. ⑦カンタン仕上げの完成
  10. ⑧むずかしめの「桜」の作り方
  11. ⑨むずかしめの「桜」の完成☆
  12. ポイント

【材料・道具】

材料

  • 折り紙(お好みで柄など)

道具

  • 鉛筆など
  • はさみ

①半分に折る

まず、長方形になるように半分に折ります。

②折りすじを付ける

右下の角を、画像のように折ります。

次に右下の角を折り、右側に×の形の折りすじを付けます。

③角を折る

左下の角を、×の中心に合わせて折ります。

このようになります。

③折り返す

②で折った左下の角を、画像のように左端の形に合わせて折り返します。

④線に合わせて折る

右下の角を、画像のように左の形に沿って折ります。

⑤中心の線で折る

中心にある線を山折りにして、折り合わせます。

⑥はさみで切る

鉛筆などで花びらの形を書き、カットします。

※山折りにした側が、花びらの中心になるように書きましょう。

カットすると、このようになります。

上から見るとこのようになります。

カンタン仕上げ→このまま開きます。
ちょっとむずかしめ→この後⑧に工程が続きます。まだ開かないようにしましょう。

⑦カンタン仕上げの完成

そのままゆっくりと開き、折りすじを整えれば完成です♪

⑧むずかしめの「桜」の作り方

⑥のあと、左端を画像のように少し折ります。

裏に返したら、同様に左端を折ります。その後下の角を指でつまみ、ゆっくりと折り目が崩れないように開いていきます。

裏から見た時、このようになっていればOK。

⑨むずかしめの「桜」の完成☆

折り紙で作る「桜」が完成しました。カンタン仕上げより、やや立体的な仕上がり。ひだ部分が影になり、全体的に引き締まった印象です。カンタン仕上げと比べると、遠くから見た時に花びら1枚の形がはっきりと見えるので、より華やかな印象です♪

ポイント

今回のポイントは「ひだを崩さないように開く」です。むずかしめの方は、立体的に仕上げるため、端を折って段差を作り広げていきますが、慎重に開いていくことをお勧めします。一気に仕上げようとすると、ひだ部分が取れてしまうので注意。ゆっくりと広げていきましょう。
切り方次第で作品が変わる「切り紙」。いろいろ試してみれば、もしかすると意外な発見があるかもしれません。ぜひオリジナルでも楽しんでみて下さいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使うアクセサリー作りが好きです。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!