WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

折り紙2枚を使った星の作り方

折り紙を2枚使った星の作り方をご紹介します。ちょっと難しめ。いつもとは違う星を作ってみたい時に。大きめに仕上がるので、イベントの飾りなどにも。こちらもコツさえ覚えればカンタンなので、ぜひ挑戦してみて下さいね♪ #折り紙 #星 #折り方

2018.3.23

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.3.23 / 作成:2018.3.22

【材料・道具】

材料

  • 折り紙(お好みで柄など)2枚

道具

  • のりなど

①1/4の大きさに折る

折り紙を半分に折り、さらに半分に折って、1/4の大きさになるまで折ります。

②袋を開いて、折り上げる

袋を開き、つぶすようにして折り上げます。

③右端を折る

右端の角を三角の形に合わせて、画像のように折ります。

④折りすじを付ける

角の1/3の大きさになるように左の角を折り、折りすじを付けます。

中心線と交わるところを目安にして、右の角を折って折りすじを付けます。

⑤一旦開き、折りなおす

③で折った右端の角部分を一旦開き、三角の右側をめくり左に倒したら、画像のように右端の角をもう一度戻します。

⑥全体を折り上げる

三角になった上の部分をめくったら、まず右側を折りすじに沿って折り、その後左側の袋をつぶすようにして折り上げます。

パーツが1枚出来上がりました。

同様にもう一枚作り、星の形になるように、のりなどで貼り付けます。

⑦完成です☆

2枚で作る折り紙の「星」が完成しました。正三角形を2つ合わせるだけなので、実はとてもカンタン。大きめサイズなので、イベント時に壁に飾ったりとアイデアもいろいろ。デザインペーパーや、画用紙などで色違いで作ってみたりと、楽しみ方も豊富ですね。

ポイント

今回のポイントは、④の「1/3の大きさに角を折る」です。実はここが少し難しめ。難しい時は、余った折り紙を利用して、簡単な三角定規をつくってみましょう。折り紙の角を三等分に折ると、両端に「直角三角形」が出来ます。④の時に簡易定規の直角部分を上にして、細い方の角を左側にして上に重ねます。それを目安にすれば、簡単に1/3の大きさで印をつけることが出来ますよ。
イベントが多くなる季節。カンタンに出来る折り紙で、雰囲気に合わせてお部屋をコーディネートするのも素敵ですね。お友達と、お子さんと、ご家族と。ぜひ楽しみながら作ってみて下さい♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。